メディア個別 ママの元気の源!子どもが元気をくれるから子育てをがんばれる! | ベビーカレンダー | ママテナ
ママの元気の源!子どもが元気をくれるから子育てをがんばれる!

ママの元気の源!子どもが元気をくれるから子育てをがんばれる!

みなさんは毎日子育てをしていてどんなことを感じていますか?私には2歳から10歳まで4人の子どもがおり、毎日子育てと家事、仕事でクタクタになる日も多々あります。それでも子どもはとってもかわいくて、子どもたちの行動や言葉に癒され、元気を回復しています。そんな私の元気の源をご紹介します。

みなさんは、毎日子育てをしていてどんなことを感じていますか?私には2歳から10歳まで4人の子どもがおり、毎日子育てと家事、仕事でクタクタになる日も多々あります。それでも子どもはとってもかわいくて、子どもたちの行動や言葉に癒され、元気を回復しています。そんな私の元気の源をご紹介します。

偏頭痛で寝込んでいるときは必死に看病!

ふだんは、ふざけていることが多い4人の子どもたちですが、いざというときはとても頼りになります。偏頭痛持ちの私は、痛みがひどい日には薬が効かずに寝込んでしまうことも。そんなとき、2歳の息子もママの看病に必死です。


まだ2歳でも「ママ、大丈夫?僕が守ってあげる。よしよし」と私の体をなでてくれます。すると、不思議と痛みがやわらぐんです。守るべき存在の息子に「守ってあげる」と言われたときは、息子の成長を感じ、とても愛おしくなりました。

言葉の未熟さもかわいくて癒される

夏になると、蚊が多くなりますよね。パパと「蚊がいる」と話していると、2歳の息子は勘違いして「かが」という言葉が虫の名前だと思い込んでしまいました。そのため、蚊がいると「かががいる~!」と言っています。初めは何のことなのかわかりませんでしたが、くすっと笑ってしまいますよね。


また、息子はあんぱんが大好きでよく食べるのですが、なぜか「あんこぱん」という言葉はよくないイメージを持っている様子。そのため、パパにしかられて「パパはいやだ~」と言いたいときに、「パパはあんこぱんだ~!」と泣きながら怒っています。

関連記事:

ピックアップ

やりがちだけどNG。保育士が実は困っている保護者の対応とは?
「静かすぎる…」突然消えた息子。ゆらりと揺れたカーテンをのぞくと…?
「もう頑張る理由が見つからない」ごみの上で涙を流す日々。ついに限界が…! #いいから黙って食え!6
「し、しゃべった!」奇行のあと無反応になった娘。医師が呼びかけると…!? #13