メディア個別 市販されている卵豆腐や卵焼き。赤ちゃんはいつから食べられる? | ベビーカレンダー | ママテナ
市販されている卵豆腐や卵焼き。赤ちゃんはいつから食べられる?

市販されている卵豆腐や卵焼き。赤ちゃんはいつから食べられる?

卵豆腐や卵焼きは口当たりがなめらか。とくに卵豆腐は冷蔵庫で冷やしたものがおいしい季節ですね。「こんなにやわらかいんだから、赤ちゃんだって大丈夫」と思いがちですが、卵が入っているため食べさせる時期と量には注意が必要です。とくに市販されているものは、表示などをチェックする必要があります。

卵豆腐や卵焼きは口当たりがなめらか。とくに卵豆腐は冷蔵庫で冷やしたものがおいしい季節ですね。「こんなにやわらかいんだから、赤ちゃんだって大丈夫」と思いがちですが、卵が入っているため食べさせる時期と量には注意が必要です。とくに市販されているものは、表示などをチェックする必要があります。

卵豆腐や卵焼きは食べられる?

ぷるんとしたなめらかな口当たりの卵豆腐、そしてやわらかな食感の卵焼き。どちらも、卵が使われている料理です。卵は、赤ちゃんの離乳食の進み具体によって食べられる量が違います。赤ちゃんが卵黄と卵白の両方を食べられるのか、また、どれぐらいの量の卵を食べられる時期なのか、離乳食の進み具合と赤ちゃんの発達を見ながら判断しましょう。


いつから食べられるの?

卵アレルギーのない赤ちゃんの場合は、しっかり卵黄と卵白に火が通ったものならカミカミ期(9〜11カ月)から食べることができます。はじめは手作りした卵豆腐や卵焼きから始めましょう。

関連記事:

ピックアップ

やりがちだけどNG。保育士が実は困っている保護者の対応とは?
「静かすぎる…」突然消えた息子。ゆらりと揺れたカーテンをのぞくと…?
「もう頑張る理由が見つからない」ごみの上で涙を流す日々。ついに限界が…! #いいから黙って食え!6
「し、しゃべった!」奇行のあと無反応になった娘。医師が呼びかけると…!? #13