メディア個別 赤飯やおこわ、赤ちゃんはいつから食べられるの? | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
赤飯やおこわ、赤ちゃんはいつから食べられるの? 

赤飯やおこわ、赤ちゃんはいつから食べられるの?
~ベビーカレンダー~

もち米を使った赤飯やおこわは、家族の誕生日やお祝いの席で欠かせません。赤ちゃんが赤飯やおこわを食べられる時期は、だいたいいつごろからなのでしょうか?

もち米を使った赤飯やおこわは、家族の誕生日やお祝いの席で欠かせません。もっちりとしておいしいので、とくにお祝いの席では主役の赤ちゃんにもつい食べさせたくなりますね。赤ちゃんが赤飯やおこわを食べられる時期は、だいたいいつごろからなのでしょうか?

奥歯が生える3歳まではあげないで!

赤飯やおこわのようなもち米を使った料理は、赤ちゃんが奥歯でしっかりか噛むことが必要な料理です。まだ奥歯が生えそろっていない赤ちゃんの場合、もち米を奥歯でうまく噛み砕くことができません。


そのまま丸のみすると、のどにつまらせて窒息する危険性もあるため、奥歯が生えた3歳ぐらいを食べはじめる目安にしましょう。


やわらかく煮たものからスタート

赤飯やおこわのようなもち米を使った料理を初めて食べさせるときは、赤ちゃんの奥歯で噛んでつぶせるぐらいまで、さらにやわらかく煮たものからスタートしましょう。


また、赤ちゃんがそのまま丸のみしないために、奥歯でよく噛んで食べるように声かけをしたり、一緒に食卓を囲みながら赤ちゃんの食べる様子を見守りましょう。

できるだけ温かいものを!

赤飯やおこわのような、もち米を使った料理は、冷めると固くなる特徴があります。冷めて固くなると赤ちゃんもうまくかみ切れず、じょうずに食べることができません。


また、冷めたものは消化も悪くなります。冷めて固くなったときは、赤ちゃんが食べやすいやわらかさになるようにもう一度温め直し、できるだけ温かいものを食べるようにしましょう。


どうしても3歳前に赤飯を食べさせたいときは、もち米ではなく白米を使った赤飯風のおかゆにすると赤ちゃんも食べることができます。奥歯が生えてくる3歳ごろまで、あと少しの辛抱!いつもの料理をアレンジしながら、赤ちゃんとの食事を楽しんでくださいね。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP