メディア個別 サラ・ジェシカ・パーカー、抗議活動に称賛の言葉 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

サラ・ジェシカ・パーカー、抗議活動に称賛の言葉

第1451回 海外スターの最新ニュース

サラ・ジェシカ・パーカーが、世界的に行われている「ブラック・ライヴズ・マター」の抗議運動を称賛した。黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警察官に首を膝で圧迫されて死亡した事件を受け、人種差別と警察による不当な暴力撲滅に向けた声が各地で高まっていることで、サラはついに大きな変化が訪れることを願っているという。

インスタグラムへの投稿にはこう書かれている。「今日、フロイドさんが埋葬されました。しかし、この正義と公平を求めた歴史的な運動は、彼や数えきれない他の命の名の元で行われている、止められない勢いの運動は生き続けています。そして、その一体となった鼓動は、この当然でありながら、あまりに遅すぎる変化に抵抗する恐れよりもはるかに強いものです」

当日、テキサス州ヒューストン内の教会でフロイドさんの葬儀が行われ、参列者が500人と限定される中、ジェイミー・フォックスやチャニング・テイタム、ボクサーのフロイド・メイウェザー、NFL選手のJ. J・ワットらが出席、次期米大統領候補者のジョー・バイデンはビデオ通話で参加した。

他にもニーヨが涙ながらにボーイズIIメンの『グッバイ・トゥ・イエスタデイ』を披露、「世界を変えてくれた人」とフロイドさんを称えた。