メディア個別 失敗を経験して見つけた!私のママ友付き合いのコツ | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
失敗を経験して見つけた!私のママ友付き合いのコツ 

失敗を経験して見つけた!私のママ友付き合いのコツ
~ベビーカレンダー~

ママ友付き合いはめんどうだなと思うことがあり「ママ友はいらない」と消極的になることも。第一子出産後はとにかくママ友がほしいと望んでいましたが、合わないと感じたら無理に付き合わないことも大切ですね。「困ったときはお互いさま」を合言葉にするといい関係が続きます。信頼できるママ友に、おすそ分けをしたりいただいたりと、うれしい関係です。


みなさんは保育園、幼稚園などのママ友付き合いで悩んだ経験はありませんか?私は子どもを4人育ててきて、何度もママ友付き合いがめんどうだと思うことがありました。そんなときは「ママ友はいらない」と消極的になりましたが、さまざまな失敗を経験したことで、今は適度で良好なママ友関係を築くことができています。

合わないと感じたら無理に付き合わない

第一子出産後は、近くに友人がおらず、私はとにかくママ友がほしいと望んでいました。産院が一緒というだけで、積極的に友人になり、まだ幼い子どもを連れて遊びに行くこともありました。


初めて一緒に外出した先では、習慣の違いからか違和感を感じ、「楽しくないな」と思う瞬間も。それでもお友だちだから……と無理に合わせていましたが、帰宅してグッタリしてしまいました。自分と合わないと感じたら、無理に付き合わない決断も大切だと感じました。

関係は対等に!

以前の私は誰かに甘えるということができず、ママ友関係を負担に感じることもありました。たとえば、自分の子どもが多いにも関わらず、お友だちの子どもを預かったり、昼食を作ってご馳走したり。自分に負担があることを自分から引き受けていました。


そのときは感謝され、達成感もあって楽しかったのですが、夕方にはグッタリです。第4子が生まれたころに、ようやくお友だちのご厚意に甘えることができるようになってからは、「困ったときはお互いさま」を合言葉にいい関係が続いています。

信頼できるママ友とうれしい関係

実家から食べきれないほど、特産品を送ってもらったときには、近所のママ友におすそ分けをしています。以前は「もらったら迷惑かな?」と下手に遠慮していたのですが、思い切って信頼できるママ友に聞いたところ、「もらえたらうれしい!」とのことで、おすそ分けをすることにしました。


今ではご近所に信頼できるママ友が数名いるので、お互いにおすそ分けしたり、いただいたりと、うれしい関係が続いています。


保育園や幼稚園などに通うと、どうしても苦手なママもいますよね。苦手だと感じるママとの関係は、あいさつ程度にとどめ、無理に付き合わないほうがベターです。無理をせず、自然となかよくなったママ友と付き合うことで精神的に楽になりますよ。(TEXT:ママライター武山あゆみ)


配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP