メディア個別 共働き夫婦必見!パパを家事と育児に参加させるコツ | ベビーカレンダー | ママテナ
共働き夫婦必見!パパを家事と育児に参加させるコツ

共働き夫婦必見!パパを家事と育児に参加させるコツ

共働き家庭のママが妊娠した場合、一度は話し合うべきなのが家事や育児の分担について。細かいルールが必要なかった2人だけの生活はまもなく終わり、新しい家族を迎えます

共働き家庭のママが妊娠した場合、一度は話し合うべきなのが家事や育児の分担について。細かいルールが必要なかった2人だけの生活はまもなく終わり、新しい家族を迎えます。出産後に待ち受ける「子育て」という大仕事を乗り越えていくには、どうやってパパの協力を引き出したらいいのでしょうか?

感情論より理論!日常生活を具体化しよう

妊娠すると、日に日に大きく成長するおなかとともに、思うように動けなくなってきます。そんな妊婦さんが、仕事と家事を両立させるのは大変ですよね。ですが、出産後の忙しさは、妊娠中の比ではありません。たとえ産休を取ったとしても、それはほんの一時的なこと。子育てに「お休み」はないんです。当然、パパの協力をあおぎたいところですが、「ツラい状況をわかってくれない」「結局、自分がやるしかない」という気持ちにとらわれているママが多いようです。


そんなときに役立つのが、「理論で理解してもらう」という方法。仕事のタスク管理と同じように、家事や育児のやることリストを提示する方法です。「ツラい、ツラい~」と100回アピールするよりも、ご自身がどれだけのタスクをこなしているのかをタイムスケジュールに沿って書き出してみましょう。仕事に追われ、睡眠時間を削り、ひと休みする時間がほとんどない……という状況を理解してもらうことが第一歩です。

空気を読んでもらうのは無理?

「仕事を持っているのはお互いさま」とは言っても、「子育ては女の仕事」という固定観念は根強いもの。自らすすんで家事や育児に参加してくれる男性は、あまり多くないように思います。やることリストを書き出して「大変さ」を理解してもらうことで、多少の協力は見込めるでしょう。しかし、欲を言えば「言わなくても協力してほしい!」と思ってしまいますよね。


そんなときは、「やることリスト」をホワイトボードに書き出して、担当した人のマークをつけてみましょう。感情論より理論を優先することの多い男性の考え方には、視覚的にアピールするのが有効とされています。つまり、営業職の人が張り出された成績表を見て、上を目指す心理をうまく利用するんです。ママのマークで一色になっているホワイトボードに、ご主人のマークが自然と増えていくように誘導していきましょう。

関連記事:

ピックアップ

「こんなに違うのに同級生?」早生まれベビーで実感メリットとデメリット
「え!本当に私でいいの…?」娘の懐の深さにびっくりした話
【業務スーパー】フォンデュも簡単!楽しみ方いろいろ濃厚なめらかスイーツ♡
「出てる!逆!w」可愛すぎる兄妹に、ツッコミと笑いが止まらない♡