メディア個別 【体験談】よく「安産型だね」といわれていた私。実際の出産は!? | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
【体験談】よく「安産型だね」といわれていた私。実際の出産は!? 

【体験談】よく「安産型だね」といわれていた私。実際の出産は!?
~ベビーカレンダー~

私は、昔から下半身がしっかりしていることがコンプレックスで、親戚などから「安産型でよかったね」と言われることがいやでした。実際の出産では、子宮口の開きが遅く、想像よりも苦戦しました。無事に生まれてきてくれただけでじゅうぶんですが、まわりから言われていた「安産」とは少し違ったかもしれません。安産で赤ちゃんを産むために、塩分量などの食事調整や体重管理など、出産に向けての時間の使い方や準備が大切だと思いました。

下半身がしっかりしていることが、昔からコンプレックスだった私。親戚からはよく「安産型だね」と言われていました。下半身がしっかりしているなど、見た目からいわれる「安産型」は、果たして本当に安産になるのでしょうか。「安産型」と言われた私が妊娠し、出産するまでの体験談をご紹介します。

いやだった「安産型だね」という言葉

「安産型」とは、骨盤が大きくてしっかりしている体型だとよく聞きますよね。下半身がしっかりしている私は、親戚などから「安産型だね」「安産型でよかったね」と、昔からよく言われていました。


そんなふうに言われることが、私自身としては非常にいやでした。まだ妊娠や出産を経験したことがなかったころの私は、無事に赤ちゃんを産むことへの不安や重要性を意識したことがなかったからです。

「安産型」は本当に安産になる?

私は、妊娠してから「安産型」というものには明確な定義がないことを知りました。骨盤が大きく張っていて、歪んでいないことが安産につながることがあるともいわれていますが、産道の広さや子宮口の開きも安産の重要なポイントになるのだそうです。


実際の出産は、妊娠39週に陣痛がきてそのまま入院。分娩時間は13時間かかり、出血も多量でした。初産ということもあり、子宮口の開きが遅く、2~3cmから先にすすむまでに時間がかかりました。

安産で赤ちゃんを産むために

まわりから「安産型」だと言われた私も、子宮口の開きが遅く、想像よりも出産に苦戦しました。無事に生まれてきてくれただけでじゅうぶんですが、まわりから言われていた「安産」とは少し違ったかもしれません。


実際に妊娠・出産を経験してみて思うことは、骨盤が広く、まわりから「安産型」だといわれたことに気を抜かずに、もっと主体的になって妊婦生活を過ごせばよかったということです。安産で赤ちゃんを産むために、塩分量などの食事調整や体重管理など、出産に向けての時間の使い方や準備が大切だと感じました。


私と同じように、まわりから「安産型だね」と言われることを気にしている方もいるかと思います。赤ちゃんや自分にあまり負担のかからない出産となるように、できる限りのことをしていきたいですね。(TEXT:ママライター手塚みく)

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP