メディア個別 母乳で育てたいと思うママはどのくらい?気になる「母乳育児」の実態 | ベビーカレンダー | ママテナ
母乳で育てたいと思うママはどのくらい?気になる「母乳育児」の実態

母乳で育てたいと思うママはどのくらい?気になる「母乳育児」の実態

母乳は栄養面、免疫学的側面だけでなく、たくさんの利点があり、母乳育児をすすめるさまざまな動きがみられています。このような動きの中、子育てをしているママ達の実際はどうなのでしょう!?今回は、ベビーカレンダーユーザーにおこなったアンケート調査の結果と平成27年に厚生労働省がおこなった乳幼児栄養調査の概要を比較しながら、授乳の実際についてお話ししたいと思います。

母乳は栄養面、免疫学的側面だけでなく、たくさんの利点があります。そのため、WHO、UNICEFをはじめ、わが国でも母乳育児をすすめるさまざまな動きがみられています。


このような動きのなか、子育てをしているママたちの実際はどうなのでしょう!?今回は、ベビーカレンダーユーザーにおこなったアンケート調査の結果と、平成27年に厚生労働省がおこなった乳幼児栄養調査の概要を比較しながら、授乳の実際についてお話ししたいと思います。


●回答者の属性

母乳で育てたいと考えているママは9割

平成27年に厚生労働省がおこなった乳幼児栄養調査の概要をみると、妊娠中に「ぜひ母乳で育てたいと思った」という回答は43.0%、「母乳が出れば母乳で育てたいと思った」という回答は50.4%。この2つの回答を合計すると、母乳で育てたいと思った方の割合は9割を超えていました。


一方、ベビーカレンダーのアンケートでは、“妊娠中にどのような授乳形態で育てたいと思っていたか”という設問に対して、「母乳で育てたいと思っていた」と回答した方は68.5%となりました。

厚生労働省の調査結果と比べると少ないように感じますが、「母乳でもミルクでもどちらでもよいと思っていた」25.3%の回答も合わせると、9割を超え、全国的な調査とほぼ同様の結果となりました。


●妊娠中にどのような授乳形態で育てたいと思っていたか

実際の母乳育児の状況は?

厚生労働省の調査結果では、生後1カ月の母乳栄養の割合は 51.3%、混合栄養は45.2%、ミルクのみは3.6%でした。


一方、ベビーカレンダーがおこなった“産後の授乳状況”に関するアンケートの回答を見てみると、「母乳のみ」が55.1%、「混合栄養」が40.7%、「ミルクのみ」が4.2%でした。

ベビーカレンダーの調査結果では、授乳の時期による比較はできませんが、50%以上のママが母乳育児をおこなっており、混合栄養のママも含めると95%以上のママが赤ちゃんに母乳を与えているということがわかります。


●出産後の授乳形態

関連記事:

ピックアップ

「こんなに違うのに同級生?」早生まれベビーで実感メリットとデメリット
「え!本当に私でいいの…?」娘の懐の深さにびっくりした話
【業務スーパー】フォンデュも簡単!楽しみ方いろいろ濃厚なめらかスイーツ♡
「出てる!逆!w」可愛すぎる兄妹に、ツッコミと笑いが止まらない♡