メディア個別 いつもと同じはNGです!マスク時の美人見え度が大幅にアップ♡ちょい足しアイメイクテク | michill (ミチル) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

いつもと同じはNGです!マスク時の美人見え度が大幅にアップ♡ちょい足しアイメイクテク

第2381回 michill (ミチル)
マスクをして生活をすることが多くなった今。アイメイクが普段と同じという方は要注意です。濃いアイメイクだと一見怖い印象に見せてしまうし、逆にナチュラルすぎると、すっぴん?と思われてしまう可能性も…。今回はいつものメイクにプラスするだけで、マスク時の目元の印象を変えられるテクニックをご紹介します。

ちょい足しラベンダーで目元のくすみを一掃!

顔の大半がマスクで隠れてしまうと、目元の印象もくすみがち。

そんなくすみを消してくれるのにぴったりなのが「ラベンダーカラー」です!

ラベンダーカラーをいつものメイクにすぐに取り入れられる、優秀なアイテム2つをご紹介します。

キャンメイク アイシャドウベース RB 500円(税抜)

アイシャドウのモチを良くしてくれるアイテムです。ベースメイク後、アイシャドウを塗る前にまぶたに薄く塗ります。

ペタペタとした質感のため、塗りすぎると逆にアイシャドウがヨレやすくなってしまうため、少量をぽんぽんと薄く塗るのがコツです。

ごく薄いラベンダーカラーが、ナチュラルにまぶたのくすみを払拭してくれます。

マスクをしていると皮脂だけでなく、蒸気でアイメイクがヨレてしまいがちですが、それを防いでくれるという意味でもオススメのアイテムです。

キャンメイク ジュエリーシャドウベール 05 600円(税抜)

ラベンダー系カラーのラメがたっぷり配合されているアイシャドウです。

パレット右側が大粒ラメ、左側が小粒ラメとなっており、その日の気分やシーンに合わせて使い分けることができます。

こちらのオススメの使い方は、ブラウンシャドウに重ねて使う方法です!

パール感のあるブラウンアイシャドウを使った後に、指でポンポンと薄くまぶた全体に重ねます。今回は左側の小粒ラメを使用しました。

ほんの少しラベンダーカラーをプラスするだけで、ブラウンカラーのみで仕上げるよりもくすみが抑えられ、明るくなりました。

たった一手間で印象を変えられる、オススメのテクニックです。

キラキララメ+ハイライトでメリハリのある目元に

マスクをしていると目元以外の露出が少ないため、ハイライターやチークを省略しているという方も多いかと思います。

しかしそれだと立体感がなく、のっぺりした印象に見せてしまっているかも。

目元だけでもしっかりハイライトを乗せて、メリハリのある目元にすることが重要です。

インテグレート トリプルレシピアイズ BR703 1,500円(税抜)

オススメのアイシャドウはこちら。オレンジ系のグラデーションカラーと、明るいニュアンスチェンジカラーが右側に配色されているパレットです。

右側のニュアンスチェンジカラーを追加することで、立体的な目元作りができます。

パレット左側の3色をまつ毛のキワに向かって濃くなるように塗り、ハイライトとラメをプラス。

ハイライトを追加することで眉の立体感を、涙袋にラメを入れることで目元の彫りを強調させることができ、メリハリのある目元になりました。

すぐに取り入れられる、ハイライターとラメアイシャドウのオススメはこちら。

セザンヌ パールグロウハイライト 01 600円(税抜)/セザンヌ シングルアイシャドウ 04 400円(税抜)

どちらもシャンパンベージュ系のカラーで、肌なじみがよくどんなアイメイクにも合わせやすいです。

プチプラで買いやすいのに高見えする発色なので、持っていて損がないアイテムですよ!

※記事内の商品価格は筆者購入時の価格です。


michill
michill
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。