メディア個別 時間差ありすぎ?!1年経って保育園を嫌がるようになった息子 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
時間差ありすぎ?!1年経って保育園を嫌がるようになった息子 

時間差ありすぎ?!1年経って保育園を嫌がるようになった息子
~ベビーカレンダー~

1歳になる直前に始まった息子の保育園生活は、最初の3日間泣いただけでとても順調。しかし約半年後の夜泣きを皮切りに、1年後には毎朝泣いて保育園を嫌がるようになりました。朝はできるだけ要求に応え、通園中はずっと抱っこが約2カ月……。自我の芽生えでもあるので、とても複雑な気持ちだった保育園イヤイヤの体験談です。

子どもを保育園へ預ける時に泣かれるのはつらいもの。そんな親の気持ちに反して、当時1歳の息子の保育園生活はとても順調に始まりました。しかし1年後、息子の「保育園イヤイヤ」が始まりました。寂しさと自我の芽生え……。大変ながらも我が子の成長を感じた、当時の詳しい様子と対応をお伝えします。

順調すぎるすべり出し!

1歳になる月に保育園に入園した息子。初めての集団生活ですから、最初の3日間くらいはもちろん泣いてバイバイしていました。0歳児クラスということもあり、周りも同じように毎朝大泣きの子がたくさんいました。


しかし、息子は最初の3日ほどで泣かなくなり、家でも大きな変化もなく……。体調を崩すことはありましたが、「保育園へ行く」ということ自体はとても順調に思えました。

最初の変化は半年後にやってきた

変化があったのは入園して半年ほどたった頃。RSウイルスにかかり、初めて1週間ほどお休みすることになりました。その後また保育園が始まると、唐突に夜泣きするようになり、夜中に散歩をしたりドライブしたりが2週間近く続きました。


初めて保育園を長期間休んでママと一緒にいたことで、寂しくなったのかなと心苦しかったのを覚えています。

自我の芽生え?抱っこで乗り切る毎日

そして本格的に「保育園行かない!」とグズるようになったのが、そのまた約3カ月後でした。時期的に2歳手前ということもあり、自我の芽生えはもちろんあったと思いますが、毎朝泣きわめく息子を同じクラスのお友達が「○○く~ん!」と呼んでくれる始末。


それからは、家を出るまでは機嫌を損ねないよう、応えられる要求には全て答えて、通園時は1歩も歩かず抱っこでしたが、2カ月弱ほどで落ち着きました。


時間差でやってきた「保育園イヤイヤ」に、子どもの精神的な変化と成長に困ったようなうれしいような、複雑な気持ちでした。そして、もう3歳になった息子は今では笑顔で保育園に通っています。(TEXT:ママライター小林夏希)


配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP