メディア個別 風船トレーニングが効果的!遊び感覚な音痴のなおし方 | 音楽会に向けて…音痴は治る?! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

風船トレーニングが効果的!遊び感覚な音痴のなおし方
~音楽会に向けて…音痴は治る?!~

学校でみんなで合唱するとき、歌う真似だけの口パクをする子どもがいる。別に下手でも大きな声で自信を持って歌ったらいいのに…と思うが、本人としてはどうしても歌声を聞かれたくないらしい。そんな子どもに、自信を持って歌わせるにはどうしたらよいのだろうか? 発声・発話方法、音痴矯正のレッスンを行ってきた「上野ヴォーカルアカデミー」校長・上野由紀氏と、ヴォイストレーナー・上野梨紗氏にアドバイスしてもらった。

● 高音を出す風船トレーニング

合唱のとき音程をはずしてしまう子どもには、どんなトレーニングをしたらよいのだろうか?
「音程をはずしてしまいがちな方でも、全部のメロディーを間違えるということはあまりありません。だいたい歌の中の一部のフレーズの音程がズレてしまうパターンです。特に、高い声が出ないため歌いやすい中低音で歌ってしまい、音程がズレてしまうことが多いですね。自分が出すことが出来る音程の幅、つまり音域が狭いのです。そういう方には、高音を出せるようにし、音域を広げてあげるトレーニングをします」(上野由紀氏)

「高音を出すためには、声帯に勢いよく息を当てる必要があります。そのためには腹式呼吸が必要なのですが、理論理屈ではなかなかわかりにくいですよね。そこで使う道具が『風船』です。つまり高音を出すために必要な呼吸が、風船をふくらますことでつかめるようになるのです」(上野梨紗氏)

【風船トレーニングのやり方】
1.風船を口に咥える
2.鼻から息を吸う
3.「フッーーー」と勢いよく風船をふくらませる
4.ふくらんだらいったん息を止める
5.風船から口を離した瞬間に「アッーー!!」と高くて大きい声を出す
音楽会に向けて
 

● 大きな声を出すストロートレーニング

声を出すことが恥ずかしく、やっと出した声も小さくてボソボソ。そんな子どもに自信を持って大きな声を出させるにはどんなトレーニングをしたらよいのだろうか?
「音痴の方は、自信がないため小さくボソボソとした声で歌うことが多いです。口もほとんど動かず、のども開いていません。ハキハキと明瞭で大きな声を出すためには、ストロートレーニングを行います。ストローを噛むことでのどが開き、口の周りの筋肉が鍛えられ大きな声が出せるようになります」(上野由紀氏)

【ストロートレーニングのやり方】
1.飲み口が曲がるようになっているストローを1本用意する
2.折り曲げた部分を前歯で噛む
3.「オア・オア」「オエ・オエ」「ウエ・ウエ」「ウイ・ウイ」と大きな声で発声

「発声する時のポイントは、「オ」と「ウ」の音は口を思いっきり縦に広げ、「ア」「エ」「イ」の音は口を思いっきり横に広げることです。縦・横・縦・横と口を大きく動かしましょう」(上野梨紗氏)

音楽会に向けて
 
誤飲などの可能性があるので、このトレーニングをやるときは、必ず親が見ていること。大きく明瞭な声、高音が出しやすくなれば、子どもも自信を持って歌えるようになるだろう。このトレーニングは、1日5分程度を続けることで効果が表れるとのことなので、1度試してみてはいかがだろうか。
(取材・文/谷亜ヒロコ)

関連書籍のご紹介

お話をうかがった人

この記事へのご意見はこちら
PAGETOP