メディア個別 やらかした~!ちょっと恥ずかしい妊娠・出産・子育て失敗エピソード | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
やらかした~!ちょっと恥ずかしい妊娠・出産・子育て失敗エピソード 

やらかした~!ちょっと恥ずかしい妊娠・出産・子育て失敗エピソード
~ベビーカレンダー~

初めての妊娠7カ月のころ妊婦用のガードルを装着してみると少々きつめ。体に合ってなかったようです。2人目出産のときは、友達や家族にメールで「3008キロの元気な男の子です」と報告。また、赤ちゃんの下着を私は表裏に着せていました。ときには落ち込み、ときには笑い飛ばしながら、なんとか子育てしています。

1人目の妊娠、出産、子育ての初めてならではのエピソードと、2回目で気がゆるんだのかという2人目のときの失敗エピソードをご紹介します。みなさんはこんな経験ありませんか?

妊婦ガードルがきついけど……

1人目の妊娠7カ月のころ、妊婦用のガードルを装着してみると少々きつめ。でも、こんなものなのかと思って着けていました。職場でおなかが苦しくなって、出産経験のある方に聞いてみると、「それはすぐにはずした方がいいね」とアドバイスされました。


ふだん履いているものとサイズは同じだったのですが、体に合っていなかったようです。「腹帯はきつく締めるって、だれか言ってなかった?」と、楽な格好で過ごすのがいいなんて私は知らなかったんです……。

出産報告でゴジラの疑い!?

2人目を無事に出産し、友人や家族にメールで報告をしました。返信を見ると「ゴジラ級だね」と書いてあり、どういうことかと見直してみると……。「3008キロの元気な男の子です」なんて書いてしまっていました。


爆笑&赤面しながら病室で息子のお世話をしていたことを思い出します。あとで報告した友人や家族に聞いてみると、「気付いたけど突っ込まなかったよ」とのこと。なかには気付かなかった人もいました。

慣れない赤ちゃんのお世話で……

赤ちゃんの肌着は、縫い目やタグが外側を向いているものが多いですよね。私は大人の服のように「タグは内側についているものだから」と表裏に着せていました。「赤ちゃんのお肌を守るために縫い代が外なのよ」とやさしく教えてくれた保育士さんに感謝です。


それに、タグはわざと切らないで、赤ちゃんのおもちゃとして付けておくのもアリなのだとか。知らないことばかりで新鮮でした。それからはお店で赤ちゃんグッズを買うときなど、説明をよく聞くように心がけました。


妊婦ガードルは試着してから買うことをおすすめします。ほかにも、おむつを洗濯したり、間違えて辛口カレーを作ったりと、いろいろな失敗をやっちゃっています。ときには落ち込み、ときには笑い飛ばしながら、なんとか子育てをしています。(TEXT:ママライター斎藤あや)


配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP