メディア個別 はじめてのお産は不安でいっぱい!私が心配だったこと | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
はじめてのお産は不安でいっぱい!私が心配だったこと 

はじめてのお産は不安でいっぱい!私が心配だったこと
~ベビーカレンダー~

お産と聞くと、相当な体力を要するイメージがありました。しかしお産は力任せではありません。むしろ力を抜くことが大切。パニックに陥ったらどうしようと不安もありました。陣痛の痛さに耐えられるのかも心配でした。でも、実際には助産師さんが私の様子をしっかり見てくれて、呼吸法のリードをしてくれるなどサポートをしてくれたので、パニックに陥る心配も解消されましたよ。

新しいことを始めるときや新しい環境に足を踏み入れたとき、誰しも不安になりますよね。お産も同じように思えますが、今度は命がかかわることです。不安の度合いが増して当然だと思います。今回は、私が経験して感じたお産の心配ごとについてお伝えします。

お産を乗り切る体力が自分にあるのか

お産と聞くと、相当な体力を要するイメージがありました。私の初産年齢は30歳です。20代前半で出産している人に比べると、体力が持つのか正直心配でした。


でも実際に経験して思ったのが、お産は力任せではなかったということです。むしろ、どれだけ力を抜いてお産に臨めるかがカギを握ると感じました。体力がない、年だから……と心配をすることはありませんでしたよ。

パニックに陥ったらどうしよう

パニック状態になった妊婦さんが、救急車で運ばれている姿を目の当たりにしたことがありました。赤ちゃんを産むのって大変なんだ……と、かなりの衝撃を受けたものです。


当時のイメージから、私もパニックに陥ったらどうしようと不安でした。でも、実際には助産師さんが私の様子をしっかり見てくれて、呼吸法のリードをしてくれるなどサポートをしてくれたので、パニックに陥る心配も解消されましたよ。

陣痛の痛みに耐えられるのか

陣痛の痛みは、この世のものではないほど痛いと聞きます。どのくらい痛いのか?初めてお産を経験する私にとって、想像すらできないことでした。未知の痛みだからこそこわい。お産の仕方は人によって異なりますが、少なからずみんな大変な思いをして乗り切っています。


そこで、私は陣痛がきたときに、自分の母親や身近な先輩ママの顔を思い浮かべてみることにしました。つらいのは自分だけではないと思うと、自信をもってお産に臨むことができましたよ。


実際にお産を経験して思ったことが、お産は自然なことだということ。体が疲れると眠くなる、というような生理的な反応のひとつのように感じたのです。だからこそ、自然の流れに身を任せる気持ちでいることが大切だと思いました。(TEXT:ママライター田中由惟)


配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP