メディア個別 【地味だけど嬉しい】シャンプーを最後まで使い切るには | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

【地味だけど嬉しい】シャンプーを最後まで使い切るには
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

毎日お風呂に入っていると、定期的に訪れるシャンプー切れ。ポンプをいくら押しても中身が出てこない。なくなっているから仕方がないことですが、あの状態って少しだけまだ残ってますよね? でも、もったいないから最後まで使い切りたいもの…。そこで、どんな方法があるのか調べてみました。

シャンプーボトルのフタを外してトントンまたは水で薄める?

ポンプ式のシャンプーやコンディショナーは使いやすい半面、前述の通り最後まで使い切ることができないのが難点。もっとも一般的な方法は、フタ(ポンプ部分)を外して、手のひらに“トントン”して中身を出すこと。また、人によってはボトルに少量の水を加えてシャンプー液を薄めて使うこともあるようです。しかし水で薄めて使用するのは、衛生面や品質の観点でNG。目からウロコのライフハックがないか調べてみましたが、現在のところは、“トントン”するしかなさそうです。
【地味だけど嬉しい】シャンプーを最後まで使い切るには
 

アイデアグッズを使えば最後まで使い切れる!

コンビニやドラッグストアで販売されている一般的なシャンプーボトルを最後まで使い切るためには“トントン”だけですが、アイデアグッズを使えば最後まで使い切ることができるのです。

まずは、100円均一ショップなどでも購入できるポンプ式ボトルを使用する方法。このボトルは、ボトルの中央に液体が集まりやすいようになっているので、中身を最後まで使い切れるのです。

他には、三輝が販売する「詰め替えそのまま」というグッズもあります。同商品は、シャンプーなどの詰め替え用パックに取り付けて使用するもの。パックの上部にポンプを取り付け、下部にはフックを付ける。こうすることで、パックを吊るしながらそのまま使えるという便利グッズ。さらに、シャンプーボトルは底面がぬめりで汚れたり掃除の邪魔になることもありますが、こちらはフックで吊るしているだけなので、そういったこともありません。

ポンプを押して中身が出なくなっても、実際はまだ少し残っているもの。最後まで使い切るために、アイデアグッズを用意しておくと、バスタイムがより楽しくなるかもしれませんね。
(文・山手チカコ/考務店)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP