メディア個別 アナタの家は大丈夫? こんな自転車事故が増えている | 事故を起こす前に知っておきたい、自転車交通のルール | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

アナタの家は大丈夫? こんな自転車事故が増えている

事故を起こす前に知っておきたい、自転車交通のルール
自転車は身近な乗り物だが、乗り方によっては思わぬ事故につながることも。自転車の安全利用促進委員会の遠藤まさ子さんに、子どもやママが注意したい事故のケースを聞いた。

●出会い頭の事故に注意!

「小学生に限らず、自転車の交通事故の多くは交差点での出会い頭に起きています。本来は信号のない交差点や住宅地のT字路では、一時停止や徐行を守り、安全を確認してから進行しなくてはなりませんが、それをおこたって飛び出すことが出会い頭の事故につながります」(遠藤さん 以下同)

「速度をゆるめているから大丈夫」と考える人が多いが、横断や右左折をしようとする際に、ドライバーの死角に入ってしまっては意味がない。さらに右側通行をしていると、ドライバーの死界に入る確率がさらに高まり、事故の危険性もアップする。

「最近では、自転車に乗るときにヘルメットをかぶる小学生も増えてきたものの、中学年や高学年になると面倒になってかぶらなくなる子も多いようです。しかし、交通事故で死亡した人の7割は頭部損傷で亡くなっており、頭をきちんと保護していれば事故にあっても死亡率を下げられるともいえます」

小学校高学年にもなると「ヘルメットなんてかっこ悪い」といい出す子どもも多いだろうが、安全には代えられない。子どもにはヘルメットの重要性を教えてあげよう。

子を自転車に乗せて走るママ

●気付かずひき逃げ? 電動アシスト自転車に潜む危険

電動アシスト自転車を愛用しているママは多いだろう。電動アシスト自転車は速度を上げやすいこと、坂道や重量への負荷を感じにくいことがメリットである反面、何かにぶつかったりしても、乗っている人が気づかないことも多いようだ 。

「私の知人に、信号待ちをしていたら、子どもを乗せた電動アシスト自転車のチャイルドシートにぶつかられてケガをした人がいました。でも、自転車はぶつかったことに気づかずにそのまま走り去ってしまって…。これは“ひき逃げ事故”と一緒です」

また、短時間だからといって子どもを乗せたままその場を離れ、子どもごと自転車が倒れてしまう事故もあとを絶たない。電動アシスト自転車は車両のつくりがしっかりしており、転倒しにくくスタンドも丈夫になっている。とはいえ、子どもが動いてバランスを崩し、自転車が倒れてしまうことがよくある。子どもをチャイルドシートに乗せたまま放置するのはやめよう。

「このように、警察に届け出が出されておらず、警察庁のデータには記録されない潜在的な事故は増加していると推測されます。自転車を乗るときは周囲に気を配りましょう」

気づかないうちに事故の加害者になっている可能性もある。自転車は使い方によっては凶器になり得ることを知って、今日から安全な運転を心がけよう。
(取材・文:北東由宇 編集:ノオト)

関連書籍のご紹介

自転車の教科書
新・自転車“道交法"ブック
むーさんの自転車

お話をお聞きした人

遠藤まさ子
遠藤まさ子
自転車の安全利用促進委員会
自転車ジャーナリスト。「AllAboutガイド」(自転車・育児用品ベビーカー、三輪車・子供用自転車、抱っこ紐・おんぶ紐にも詳しい。自転車雑誌の編集経験と母親の目線を活かして、読者に役立つ情報提供している。
自転車ジャーナリスト。「AllAboutガイド」(自転車・育児用品ベビーカー、三輪車・子供用自転車、抱っこ紐・おんぶ紐にも詳しい。自転車雑誌の編集経験と母親の目線を活かして、読者に役立つ情報提供している。

あなたにおすすめ