メディア個別 中田敦彦・福田萌との夫婦ケンカをスマホで録音? | ママテナTVウォッチ&ガイド | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

中田敦彦・福田萌との夫婦ケンカをスマホで録音?
~ママテナTVウォッチ&ガイド~

お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦(34)が9月13日(水)放送の『ビビット』に出演。妻・福田萌(32)との夫婦ゲンカを鎮めるために、スマホで会話を録音することがあると告白した。

番組では、発売中の『週刊新潮』が新たに公開した豊田真由子衆議院議員(42)の暴言音声データを紹介。そのなかで豊田氏は「つもりがなくてもな、人殺したら過失致死で牢屋に入るんだよ」「お前らは白痴か。痴呆症かお前らは! ジジイとババアで」などと秘書に向けた暴言を連発していた。

MCの真矢ミキ(53)は「言葉づかいで人格というか資質が出てしまいますね」とコメントし、弁護士の菊間千乃(45)は「長い言葉のなかで、『死ねば』ひとつでパワハラと認定されるのに、1分半も暴言というのはスゴイ!」と指摘。

これに対して中田は「感情的になると止められなくなっちゃう人なんだろうなと思う」と分析。さらに自身は妻との会話で「口論になりそうだったら、“お互いちょっと録音始めようか”という感じでスマホなどで録音している」と告白。真矢らが「えーっ!」と驚く中、中田はさらに「相手が仕事相手や先輩でも、もめそうだなという時は録音しましょうと。逆にそれで(冷静になって)収まるんです」と語り、録音をオープンにすることで抑止力となり、互いの暴言を食い止めることができると独自の持論を展開した。

豊田氏の暴言に関しても「秘書があらかじめ録音をオープンにしておけば、ここまでの事態に陥らなかったのではないか」と推測した中田。その独特な持論にスタジオの出演者たちは若干引き気味ではあったが、ママたちにとっては手軽な夫婦ゲンカの抑止策になるかもしれない。

(文/タカザワ紅緒)
話題の芸能ニュースBest3
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP