メディア個別 ママも知っておきたい副業の税金事情 | ママのプチ副業、いくらくらい稼げるの? | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

ママも知っておきたい副業の税金事情

第4回 ママのプチ副業、いくらくらい稼げるの?
ネットオークションやアフィリエイトなど、子育て中のママにも人気が高い“プチ副業”。家計が潤うのはうれしいけれど…稼いだら稼いだだけ支払わなければいけないのが税金だ。

確定申告が必要な条件

「フルタイムで働いていない人であっても、ネットビジネスなどの副業で所得があれば、一定の基準に従って確定申告を行う必要があります」

そう教えてくれたのは、公認会計士で税理士の伊藤英佑さん。そもそも確定申告とは、その年(1月1日~12月31日)の所得金額に応じて納税額を計算し、申告する手続きのことだ。

「専業主婦のように、会社からの給与のない人がネットビジネスや在宅ワークで所得を得た場合、年間所得が38万円を超えたら、確定申告が必要です。一方、パートなどで給料収入がある場合は、副業の年間所得が20万円を超えた場合に行います」(伊藤さん 以下同)

確定申告期間は、毎年2月16日から3月15日。税務署にある「確定申告書用紙」に記入して提出すればOKだ。とはいえ、家事や子育てに追われ、「税務署に行く時間がない!」ということも…。その場合は、国税庁のサイトにある「確定申告書等作成コーナー」を利用しよう。申告データはインターネット上で送信、もしくはプリントアウトして郵送することができる。

ちなみに、副業だけで継続的に収入が見込める場合は、青色申告による確定申告を行えば、65万円分は控除を受けられるという税制上のメリットがある。ただし、青色申告を行うには、事業開始から1カ月以内に「個人事業主の開廃業届出申請書」と「青色申告承認申請書」(原則承認を受けようとする年の3月15日まで。その年の1月16日以降に開業した場合は2カ月以内)を税務署に提出する義務があるのでご注意を。

とはいえ、数十万円くらいの収入なら、多少申告しなくても問題なそうな気がしてしまうのだけど…?

「いえいえ、ネットオークションなどの取引は税務署がチェックしています。『大した額じゃない』と思って確定申告をせずにいたところ、個人に税務調査が入ったこともありました。広い意味では“脱税”に当たりますから、追徴課税が発生してしまいますよ」

ママも知っておきたい副業の税金事情

配偶者控除や社会保険はどうなる?

確定申告の方法と必要性がわかったところで、ひとつ疑問が。納税義務が発生するほど稼いでいると、配偶者控除や社会保険は一体どうなるのだろうか。

「夫の税金に配偶者の所得が103万円までは配偶者控除が、103万を超えても141万円までは配偶者特別控除が段階的に受けられます。でも、夫の控除額が減っても、それ以上に副業で稼いでいればトータルで見ると世帯収入はプラスになるので、そこまで気にする必要はないかもしれません」

伊藤さんによれば、むしろ意識すべきは社会保険だという。

「年間所得が130万円を超えると、自分で国民年金や健康保険に加入する必要があります。稼いだ以上に社会保険料を支払うことになる可能性もありますね」

つまり、ママの収入増=世帯の収入増につながらないケースもあるのだ。税金の知識をしっかり身につけて、損しない“プチ副業”を計画しよう!
(南澤悠佳/ノオト)

お話を聞いたのはこの人

伊藤英佑
伊藤英佑
伊藤会計事務所
公認会計士・税理士。法人・個人への資産管理や税務対策、ベンチャー企業への支援などに従事。資産運用にも詳しく、同世代の長期資産形成への取り組みに関心が高い。
公認会計士・税理士。法人・個人への資産管理や税務対策、ベンチャー企業への支援などに従事。資産運用にも詳しく、同世代の長期資産形成への取り組みに関心が高い。

あなたにおすすめ

ピックアップ