メディア個別 一年中の冷えを意識した運動3選 | カラダのキモチコラム | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

一年中の冷えを意識した運動3選

第30回 カラダのキモチコラム
冷えというと冬を連想してしまいそうですが、実は1年を通して冷えのつらさで悩む人は少なくありません。人によってさまざまに感じる「冷え」。手や足、腰など身体の一部分が、頻繁に“寒い”“冷たい”という感覚になり、それが季節を問 […]

冷えというと冬を連想してしまいそうですが、実は1年を通して冷えのつらさで悩む人は少なくありません。人によってさまざまに感じる「冷え」。手や足、腰など身体の一部分が、頻繁に“寒い”“冷たい”という感覚になり、それが季節を問わずに続いてしまうようなこと、心当たりはありませんか。
気になる冷えのお悩みごと。それが普段の暮らしの中、動きを少し意識するだけで、楽になれたらうれしいですよね。運動とはいっても無理しないこと、そして大切なのは継続することです。まずは簡単なものから始めることをおすすめします。

冷えってこんなところにも!?

「冷えを感じる」と一言で言っても、“少し気になる”という程度から、“もう冷たいことが当たり前”というレベルまでさまざまのようです。手を繋いだ時に相手の手が温かいと感じたり、「手が冷たい人は心が温かいの」と冗談交じりに返事してみたり、そんな経験はありませんか。日常生活の中で、冷えの要因となりえることを、あらためて確認してみましょう。

<エアコン>

公共交通機関や施設、会社などでも、空調のために一年中エアコンが動いていることが多くなりました。夏は涼しく、冬は暖かいのですが、大型施設などでは、自分に心地いい温度への切り替えは難しいですよね。たとえ涼しいを通り越して寒くなっていても、自分さえ我慢したらいい……と、やむなく寒い環境を受け入れている場合もありそうです。

<食べ物>

旬の食材を食べていますか。きゅうり、なす、ピーマン、トマトなど、今では一年中食べることができる野菜ですが、本来は夏が旬。一般的に暑い時季に旬を迎えるので、水分が多く、体をひんやりさせてくれるものが多いようです。その野菜を冬に大量に食べていたとしたら……。食べる量には気を付けたほうがいいかもしれません。

<服・ファッション>

おしゃれを気にするあまり、薄着になっていませんか。デコルテや足首などを出したファッションはほっそり見えるので、季節を問わず人気の着こなしの一つ。でも、それにこだわりすぎると、冷えを肌から直接感じてしまいそう。おしゃれと温かさを同時に身に着けられるよう、工夫することが大切ですね。

毎日、少しずつ体を動かすことが正解

快適な空間で、好きなものを食べて、おしゃれもしたい、でも冷えのせいで、心から楽しむことができなかったらもったいない!環境や食べ物、洋服に気をつけた上で、体を動かしてみてはいかがでしょう。空いた時間で、気づいた時に、簡単な動きや運動を。今日からさっそくチャレンジしてみませんか。

<ラジオ体操>

私たちも子どもの頃から親しんできたラジオ体操。約3分間、全身のさまざまな場所を、比較的ゆっくりと動かすことができる体操なので、生活習慣に組み入れてはいかがでしょうか。ラジオ放送のほか、早朝からTVでも放映していますので、明日からすぐに始めることができますよ。朝起きて、音楽に合わせて体を動かすと、体のあちこちを十分伸ばすことができ、気分もスッキリ。一生懸命、丁寧に体操をすると、汗ばむことも。体も温められて、習慣化しやすい運動の一つがラジオ体操です。

<ウォーキング>

毎日の暮らしの中で実行できる「ウォーキング」。正しい姿勢で歩くだけのシンプルなことなのですが、気を付けたい点がいくつかあります。1つめは歩く姿勢。軽くあごを引いて背筋をピンと伸ばし、おなかに力を入れて凹ませるように。2つめは、1本の直線の上を歩くようなイメージを持って進み出すこと。かかとから着地し、つま先で蹴り出すような流れです。これらのポイントをおさえて、歩幅も大きくとるように意識しましょう。そうすれば、ウォーキングだって立派な運動に。その他にもエレベーターを使わず、階段を昇り降りすることも毎日続けられる運動の一つ。冷えによいと言われる巡りのために、一歩ずつ進めてみましょう。

<掃除を丁寧に>

体を動かすきっかけとして、普段の家事を活用してみましょう。例えば掃除機。体幹を意識して、全身を使って動かしてみることがポイントです。また、床そうじには、雑巾がけがおすすめです。手足をぐっと伸ばしながら、部屋の隅々まで丁寧に。こうすることで、消費するエネルギー量が10%以上アップするともいわれています。

まとめ


「指先だけが冷たい」「足元はブーツが欠かせない」「腰が冷えていて、カイロは必須アイテム」など、冷えは私たちを悩ませることのあるやっかいなもの。どんなシーンでも笑顔で過ごせるように、日々の生活で冷えに気をつけたり、運動を取り入れることが大切です。本格的な運動を始めなくても、日々の行動をちょっと変えるだけで、自然に運動になって体もポカポカ、そうなるとうれしいですよね。毎日体を動かしていると、筋力アップにも繋がり、内側からも元気に。きっと冷えに負けない、前向きな気持ちが生まれてくるはず。冷えの改善を試みることで、充実した毎日を手に入れましょう。

配信元

カラダのキモチ
カラダのキモチ
ドコモ・ヘルスケアがお送りするカラダのキモチコラム。女性のライフステージに合わせて、女性ホルモン、基礎体温、妊活などの情報や、ダイエットや冷え対策など日常生活で役立つ情報をお届けしています。
ドコモ・ヘルスケアがお送りするカラダのキモチコラム。女性のライフステージに合わせて、女性ホルモン、基礎体温、妊活などの情報や、ダイエットや冷え対策など日常生活で役立つ情報をお届けしています。

あなたにおすすめ

ピックアップ