メディア個別 食物アレルギーは、いつまで続くものなの? | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
食物アレルギーは、いつまで続くものなの? 

食物アレルギーは、いつまで続くものなの?
~ベビーカレンダー~

赤ちゃんが食物アレルギーだと診断されたとき、ママたちは漠然とした不安を抱えてしまうかもしれません。赤ちゃんの時期に発生した食物アレルギーは、どうなるのか。今回は食物アレルギーの発生する時期、そして治る時期についてお伝えします。

赤ちゃんが食物アレルギーだと診断されたとき、ママたちは漠然とした不安を抱えてしまうかもしれません。赤ちゃんの時期に発生した食物アレルギーは、どうなるのか。今回は、食物アレルギーの発生する時期、そして治る時期についてお伝えします。

赤ちゃんの時期に多い、食物アレルギー

食物アレルギーは、まだ消化機能があまり発達していない赤ちゃんの時期に発生することがほとんどです。これは、アレルゲンが食べ物に含まれている「たんぱく質」に関係しているためです。

実はたんぱく質というのは、アミノ酸が結びついてできています。口から食べたたんぱく質が、アミノ酸になるまできちんと分解されれば問題ないのですが、小腸の消化吸収の機能がまだまだ未熟な赤ちゃんの場合、アミノ酸まで分解されないまま吸収されることも。すると、アレルギー反応が起こるといわれています。

アレルギーは、小学生までに完治が大半

食物アレルギーにはさまざまなタイプがあるため、発症する時期は年齢によってちがいます。ただし、赤ちゃんの時期に発生した食物アレルギーの場合、体の成長とともに消化機能も発達するため、小学生ごろまでにはほとんど完治するといわれています。


「アレルギーがこわいから」という理由だけで、離乳食の開始時期を遅らせるのはNG!できるだけ、生後5〜6カ月ごろなどの目安のもと、離乳食をはじめましょう。

皮膚症状がある場合は、慎重に進めましょう

赤ちゃんによっては、食物アレルギーとアトピー性皮膚炎という両方の症状があらわれることがあります。


食物アレルギーが疑われる場合は、あらかじめ血液検査をすることもできます。赤ちゃんに、かゆみや湿疹のような気になる皮膚症状がある場合は、まず医師と相談して治療を進めながら、慎重に離乳食を進めていきましょう。


はじめての離乳食は、ママのほうがびくびくすることばかりかもしれません。アレルゲンとなる食べ物、それを食べさせる時期と量を知ったうえで、ゆっくりと進めていきましょう。

著者:管理栄養士 富田チヤコ

管理栄養士で一男一女の母。大学卒業後、専業主婦時代に離乳食作りから食の重要性に気付き、管理栄養士・フードコーディネーター・消費生活コンサルタントの資格を取得。書籍や女性誌の栄養監修など、主に健康と食のジャンルを中心にフードライターとして活動中。


配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP