メディア個別 離乳食ですり鉢を使うときのポイントとレシピ | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
離乳食ですり鉢を使うときのポイントとレシピ 

離乳食ですり鉢を使うときのポイントとレシピ
~ベビーカレンダー~

離乳食の食器・調理器具セットに裏ごし器と一緒にすり鉢がセットになっています。最初は裏ごしばかり使うことが多いかもしれませんが、すり鉢も使えるとメニューに幅が広がるのでぜひ使ってください。すり鉢を使うときのポイントは衛生面に気を付けること。メニューもいろいろあるので楽しんで作ってみてくださいね。

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食の食器・調理器具セットに裏ごし器と一緒にすり鉢がセットになっています。「あんまり使ったことがない」というママさん多いのではないかと思います。私もその一人でした。でも、使ってみるといろいろなメニューがかんたんにできます。今日はすり鉢の使い方とメニューをお届けしますね。

すり鉢の利点と欠点

すり鉢は、手軽に使えて素材の風味を感じられるという利点があります。ゴマをすっていると、すっている途中からゴマの風味を感じられるので、食欲にもつながります。その反面、洗うのがめんどうだったり衛生面に不安という欠点もあります。すり鉢の溝に詰まった食材を、きれいに取り除くのはなかなか大変です。

調理するときの3つのポイント

離乳食にすり鉢を使うときは、清潔なものを使うのが鉄則。すり鉢ですってそのまま加熱せず赤ちゃんに与えることもあるからです。


① 清潔なすり鉢を用意する

② 耐熱なら熱湯をかけて消毒してから使う

③ 使い終わったらきれいに洗い、乾燥させる


この3つのことを大切にしてくださいね。

離乳食に使えるすり鉢メニュー

すり鉢は初期の裏ごしから、中期のみじん切りに代わる移行期のころにチャレンジしてみてください。根菜類はもちろんのこと、葉物や魚もすり鉢でするとなめらかに仕上がります。


中期以降は以下のようなメニューに使えます!


【白和え】

豆腐をトロトロになるまですり鉢ですり、小さく切ったにんじん、ほうれん草など湯がいた野菜を混ぜ合わせる。


【茶巾絞り】

さつまいも、じゃがいも、かぼちゃなどを湯がいてすりつぶし、茶巾絞りにしておやつでいただきます。


みなさんもすり鉢を活用しておいしい離乳食を作ってくださいね。

著者:離乳食インストラクター協会代表理事 中田馨

保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP