メディア個別 妊娠6カ月、適切な運動量と方法は? | 妊娠6カ月のママが知っておきたいこと | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

妊娠6カ月、適切な運動量と方法は?

妊娠6カ月のママが知っておきたいこと
だんだんとお腹が重たくなってくる妊娠中期は、身体を動かすことが億劫になってしまいがち。とはいえ、出産に備えて体力をつけておくためにも、日々の運動はおろそかにできません。そこで、NTT東日本関東病院産婦人科の主任医長・杉田匡聡先生に、妊娠6カ月のエクササイズのポイントについてお話を伺いました。

妊娠中はオーバーワークに要注意!

杉田先生によれば、妊娠中は自分にとって無理のない軽めのエクササイズがベストとか。

「妊娠中期はどうしても運動不足に陥りがちです。とはいえ、運動しなければ! と頑張ってしまうとかえってストレスを溜めてしまったり、オーバーワークになってしまったりすることも。この時期のエクササイズは、自分にとってストレスにならない程度の軽めのものを心がけることが最大のポイントです。ただ、切迫早産や前置胎盤などで、医師から運動を控えるようにと言われている場合はそれに従ってください」(杉田先生、以下同)

おすすめはウォーキング、ヨガ

では、具体的にはどんな運動が適しているのでしょうか?

「お腹に負担が掛からないという意味では、ウォーキングがいいでしょう。広々とした公園などで散歩すると気分もリフレッシュできます。その際は、水分をこまめに補給するようにしましょう。暑さや寒さが厳しい時期は、デパートやスーパーなどでのウィンドウショッピングもおすすめです。お店のなかをぐるぐる回っていると、あっという間に1~2時間くらい経つので、楽しみながら運動できます。あとは家でテレビを見ながらヨガでストレッチなどもいいでしょう」

妊娠6カ月、適切な運動量と方法は?

外での運動は誰かと一緒に。水分補給も忘れずに

ちなみに、運動中はどんなことに気を付ければいいのでしょう?

「人にぶつかってしまわないように、広い場所での運動を心掛けてください。買い物に行く場合は誰かについてきてもらい、周囲には気を配りましょう。また、出掛ける際は転ばないように、スニーカーなど安定した靴を選んでくださいね。ヨガなどを行う場合は、お腹に負荷が掛からないように十分注意してください。妊婦さんは汗をかきやすいので、ここでも麦茶や水でこまめな水分補給は忘れずに」

運動しなければ! とノルマを決めると気分が滅入ってしまいますが、“ながら運動”を取り入れれば長く続けられそう。ストレスを感じない範囲で、無理なく体を動かしてみましょう。
(文・末吉陽子/やじろべえ)

【取材協力】

NTT東日本関東病院
産婦人科
東京都品川区東五反田5-9-22 tel:03-3448-6111(代表) JR山手線・東急池上線・都営地下鉄浅草線五反田駅から徒歩約7分 ※五反田駅(東口)とNTT東日本関東病院を結ぶチャリティーバスが、平日8時00分~17時45分 毎日運行。
東京都品川区東五反田5-9-22 tel:03-3448-6111(代表) JR山手線・東急池上線・都営地下鉄浅草線五反田駅から徒歩約7分 ※五反田駅(東口)とNTT東日本関東病院を結ぶチャリティーバスが、平日8時00分~17時45分 毎日運行。

あなたにおすすめ