メディア個別 アレルギーが心配なママへ!離乳食の始め方・進め方「卵」 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
アレルギーが心配なママへ!離乳食の始め方・進め方「卵」 

アレルギーが心配なママへ!離乳食の始め方・進め方「卵」
~ベビーカレンダー~

卵は、体をつくるために必要なたんぱく質が、バランスよく含まれている食材です。手軽に栄養素が補えるからこそ、離乳食にもじょうずに取り入れたいですね。離乳食では、卵をどうやって赤ちゃんに食べさせたらいいのか。今回は、卵についてお伝えします。

卵は、体をつくるために必要なたんぱく質がバランスよく含まれている食材です。手軽に栄養素が補えるからこそ、離乳食にもじょうずに取り入れたいですね。離乳食では、卵をどうやって赤ちゃんに食べさせたらいいのか。今回は、卵についてお伝えします。

「完全栄養食品」と呼ばれている、卵

卵には、私たちの体に必要な栄養素が含まれています。たとえば、たんぱく質。私たちの体を構成するアミノ酸は20種類ありますが、そのなかでも、食事から摂る必要がある9種類のアミノ酸のことを「必須アミノ酸」といいます。


卵には、この必須アミノ酸がバランスよく含まれています。このほかにも、ビタミンCと食物繊維以外の栄養素が含まれているため、卵は「完全栄養食品」と呼ばれることもあります。


離乳食は、かたゆでの黄身から少量ずつ

卵には、卵黄と卵白があります。食物アレルギーで問題になるのは、卵白に含まれているたんぱく質です。このため、離乳食では、しっかりと火を通したゆで卵の卵黄の部分を食べることからスタート。生後7〜8カ月ごろを目安に、小さじ1/4程度のごく少量からはじめ、赤ちゃんの体調に変化がなければじょじょに量を増やしていきます。


卵黄が食べられるようになったら、次は卵白を少しずつ加えていきます。生後9〜11カ月ごろには加熱した全卵1/2個、さらに1歳〜1歳半には全卵の2/3個までを目安に量を増やしていくといいでしょう。

全卵が食べられるようになっても加熱を

かたゆで卵の卵黄は、ぽそぽそとして赤ちゃんにとって食べにくいときがあります。卵黄は裏ごしをして、ミルクなどでのばしてトロトロにしたり、おかゆの上にのせて混ぜて食べると食べやすくなります。

全卵が食べられるようになると、たとえば炒り卵、卵焼き、オムレツのような卵料理も食べられます。このときも、卵は中まで火を通すこと。できるだけ、半熟の卵を食べることは避けるようにしましょう。


卵を食べたあと、赤ちゃんの体に湿疹が出るなど、ちょっとでもおかしいと感じたときは、すぐに病院に行きましょう。病院では、担当の医師に「いつ、どんな食べ物を食べて、どういう症状が出たのか」を説明する必要があります。気になる症状が出たときは、食事の時間や食事の内容を記録し、医師に伝えましょうね。


※参考文献、資料
厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」
「食物アレルギー診療ガイドライン2016」(協和企画)
「食物アレルギーの栄養指導」(医歯薬出版株式会社)
「図解食物アレルギーの悩みを解消する!最新治療と正しい知識」(日東書院)

著者:管理栄養士 富田チヤコ

管理栄養士で一男一女の母。大学卒業後、専業主婦時代に離乳食作りから食の重要性に気付き、管理栄養士・フードコーディネーター・消費生活コンサルタントの資格を取得。書籍や女性誌の栄養監修など、主に健康と食のジャンルを中心にフードライターとして活動中。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP