メディア個別 【妊娠しやすい体づくり】現役ママが妊活中におこなった冷え対策 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
【妊娠しやすい体づくり】現役ママが妊活中におこなった冷え対策 

【妊娠しやすい体づくり】現役ママが妊活中におこなった冷え対策
~ベビーカレンダー~

手足が冷たいとき、手足をグーパーグーパーと動かしました。繰り返していくうち、温まってきます。温めたルイボスティーを寝る前に飲むと眠りにつきやすかったです。手足だけ温めていましたが、それでは体全体の冷えが解消されません。腹巻を使っておなかを温めてみました。腹巻があるのとないのでは全然違うと感じました。

体の冷えで悩む女性は少なくありません。良好な健康状態を維持するためにも改善を試みたいところです。体の冷えは、血流の悪さにつながります。妊娠しやすい体を目指すためにも、冷えを撃退したいですよね!今回は、筆者が妊活中に実践した冷え対策をお伝えします。

手足が冷たいのが気になる

私は自分の手に触れた人からよく「冷たい!」と言われます。まわりの人より手足が冷たい。完全なる冷え性なんでしょう。手足が冷たいときは使い捨てカイロなどで温めていましたが、効果が続くのは一時的です。


そこで私は持続的に手足を温めるため、手をグーパーグーパーと動かすようにしています。何度も繰り返していくうちに、ポカポカと温まってきますよ。足も同様に動かすと効果が得られました。

体を温める食事を心がける

冷えを改善するために食生活を改善することも大切です。食べものには体を温めるもの、冷やすものがあるといわれています。たとえば生姜やニンニク、ゴボウなどは体を温める食べもの。柿やキュウリなどは冷やす食べものです。


積極的に体を温める食べ物を中心に献立を考えることもコツだと思います。私は温めたルイボスティーを寝る前に毎日飲みました。体が温まって眠りにつきやすかったですよ。

おなかを温めること

私は手足が冷たいとき、そこだけを温めていました。しかし部分的な効果は得られても、体全体の冷えが解消されたことはありません。冷えを改善するためには、体全体を温める必要があったのです。


そこで注目したのがおなかを温めること。私は腹巻を使って冷え対策を試みました。

あるのとないのでは全然違うと感じます。おなかを温めることで、自然と手足も温かくなりました。


妊活中に、冷えは大敵です。これから寒くなる季節。妊娠力をアップさせるためにも、冷え対策を積極的におこないたいですね。みなさんはどんな冷え対策をおこなっていますか?(TEXT:ママライター田中由惟)

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP