メディア個別 ママが産休・育休中にやっておけばよかったと後悔していること3選 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママが産休・育休中にやっておけばよかったと後悔していること3選 

ママが産休・育休中にやっておけばよかったと後悔していること3選
~ベビーカレンダー~

結婚・子育てライフを振り返り、産休・育休中にやっておけばよかったと私が後悔していることを3つご紹介します。お出かけにかかる労力、憩いの場探し、自宅の環境整備など、産休・育休を活用し、今後の生活を想定した準備をすることで後悔することを減らしたいです。

私は現在33歳で、長男、長女、次男の3人の子どもたちと生活をしています。私は28歳のときに結婚したため、結婚後の生活のほとんどが妊娠・出産という期間になります。そんな私が、結婚・子育てライフを振り返り、産休・育休中にやっておけばよかったと後悔していることを3つご紹介します。

後悔していること その1「宿泊を伴う旅行」

私たち夫婦は、ドライブや旅行が大好きで、ちょっとした時間を見つけては2時間程度のドライブから2泊3日程度の旅行などを楽しんでいました。


ところが、家族が増えるにつれて、お出かけの荷物準備だけを考えても、ものすごい労力が必要なことを知りました。まして宿泊となると、条件の合う宿を探す、旅費や交通手段を考えるなど、労力はさらに増し、現在はなかなか旅行に行けません。産休・育休中に時間を見つけて楽しんでおけばよかったと後悔しています。

後悔していること その2「楽しめる場所の開拓」

子どもたちと一緒の時間はとても楽しく充実していますが、ときには自分自身のリラックスタイムがほしいと思う瞬間があります。そんなとき、近所や通える範囲内に子どもも大人もゆっくりでき、おいしいごはんを食べられる場所などがあると、心身ともにリラックスできますよね。


和室、個室のあるレストランや、日帰りで部屋を借りられるホテルランチなど、子どもと一緒に楽しめる場所をもっと開拓しておけばよかったと後悔しています。

後悔していること その3「断捨離」

家族が増えるとその分、衣類やおもちゃなど、とにかく物が増えていきます。片付けの予定を立てていても、子どもが熱を出したり、急な来客があったりと、なかなか予定通りにおこなうことはできませんでした。


気付けば、タンスもクローゼットもパンパンで、ものが入るところがない状態になっています。産休・育休の時間を使って、自分の衣類や持ち物を整理してすっきりさせておけばよかったと後悔しています。


家族が増えることは、とてもうれしいできごとです。しっかり事前準備をすることで、やっておけばよかったという後悔をできるだけ減らしたいですね。とくに産前休暇をうまく活用できたらよかったと感じています。これから産休・育休を迎える方は、産後に後悔のないよう日々を充実させてくださいね。(TEXT:ママライター簗田智花)


配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP