メディア個別 遊び食べして困る!赤ちゃんの2つのパターンの対処法とは | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
遊び食べして困る!赤ちゃんの2つのパターンの対処法とは 

遊び食べして困る!赤ちゃんの2つのパターンの対処法とは
~ベビーカレンダー~

1歳前後の赤ちゃんが「これまで離乳食をしっかり食べていた子が急に遊び食べを始めた」というお話をよく聞きます。1歳ぐらいになると赤ちゃんは興味関心が広がる時期だからです。すぐに立ってしまう子には、根気強く毅然とした態度で座るように言いましょう。食べ物をクチャクチャする子は、ごはんタイムをやめるようにしましょう。

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。1歳前後の赤ちゃんが「これまで離乳食をしっかり食べていた子が急に遊び食べを始めた」というお話をよく聞きます。どうして赤ちゃんは遊び食べを始めるのでしょうか。そんな赤ちゃんに対して、ママはどう対応すればいいのでしょうか?2つのパターンを例にしてみてみましょう。

どうして遊び食べをするの?

そもそも、赤ちゃんはどうして遊び食べをするのでしょうか?それは、1歳前後の赤ちゃんは興味関心が広がる時期だからです。


ハイハイが始まり、つかまり立ち、一人歩きと、できることが増えてきます。見える世界が広がり、「これは何だろう?」「触ってみたい」という気持ちが増える時期になります。遊び食べには大きく分けて2つのパターンがあります。


・すぐに立とうとする子

・食べ物をグチャグチャにする子


次からはそれぞれの赤ちゃんへ対応方法を紹介しますね。

すぐに立とうとする子への対処方法

すぐに立って、どこかに行こうとする赤ちゃんがいます。そんな赤ちゃんへは、毅然とした態度で対応し、何度も繰り返し伝えること、まわりにおもちゃを置かないこと、この2つを心がけましょう。


「座ろうね」と座らせても立つ。また「座ろうね」と座らせてもまた立つ。とっても忍耐が必要ですが、これを繰り返すことで、いつの間にか立たなくなりますよ。

食べ物をグチャグチャにする子への対処方法

食べ物を口に入れずに、グチャグチャにしている子がいます、そんな赤ちゃんへは、手づかみしてもグチャグチャになりにくいものを手もとに置く、ひどくなったら終了する(毅然とした態度で対応する) という2つのことが大切です。


食べ物を触って感触を確かめる経験は大切。でも、それがおもちゃになってはいけません。「あ、遊びに変わったな」という瞬間があると思います。そんなときは、食事を終了してもOKです。

ママができることってなに?

この時期にママができることは2つです。


・食事に集中できる環境を整える

食事中におもちゃがあったり、TVがついていたり兄弟が遊んでいると、赤ちゃんの食事への気持ちが集中できません。「食事に集中できる」環境を整えてみてくださいね。


・食べるときにちゃんと食べる習慣をつける

「今は食べる時間なんだよ」と何度も繰り返し伝えることが大切。食習慣をじょじょに身につけていきましょう。


遊び食べは、すぐにおさまるものではないので、ママの根気が必要ですが、気長に取り組んでみてくださいね。

著者:離乳食インストラクター協会代表理事 中田馨

保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP