メディア個別 知育玩具って本当に子の知育に効く? | 遊んで学ぶ「知育玩具」はどう選ぶ? | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

知育玩具って本当に子の知育に効く?

第1回 遊んで学ぶ「知育玩具」はどう選ぶ?
「知育玩具」と呼ばれるものは数多く出ていますが、自分の子どもに、どんな「知育玩具」を選んだらいいのかわからなくて…と悩むお母さんも多いはず。「知育玩具」の選び方や道具を使って遊ぶことの大切さを、知育玩具や育児用品の輸入・開発を手がけるボーネルンド広報の村上裕子さんに聞きました。

道具を使って遊ぶことの大切さ

「子どもにとって、遊ぶことは生きることと一緒です。特に、能動的な遊びで得られた経験は、その後の発育に大きな影響を与えますし、思考の発達や協調性、想像力を働かせることなど、すべてがその子の一生に関わる体験なのです。そして、その遊びの時間を豊かにするために“あそび道具”があります」(村上さん 以下同)

子どもたちが能動的に取り組んだことはすべて、経験として蓄積されるのですね。

「知育玩具」ってよく聞くけど、何がいいの?

「知育玩具」ってどんなもの?

「子どもが遊ぶときにいろいろな遊び方ができたり、やってみようという意欲が引き出される玩具があります。そして子ども自身が考え、失敗してもトライアンドエラーを繰り返す。そんな“あそび道具”のことを、私たちは『知育玩具』と定義しています。

たとえばオランダには、小学校の授業で、30年にわたって使われているアバカス(ジェグロ社)という『知育玩具』があります。これは、ビーズを手で動かして、自分の目で増減を意識することで、数を五感で覚えることができるという、そろばんに似た玩具です。数字を抽象的に覚えるのではなく、具体的に認識できるようになるので、その後の算数の考え方の基礎を身につけることができるなどの効果が出ているようです」

「知育玩具」は、それを使って子どもが自らの手で触り考え、結果として考える力や知識が得られる道具。それゆえ、子どもの発達段階に合わせて使用することが大切で、やりたいことを伸ばしたり、自発性を育んだりすることができることが重要だと村上さんはいいます。

「知育玩具」に大切なこと

では、いったいどういったものを選ぶべきなのか?
舐めたりしても剥げない、衝撃に強く壊れにくい、色あせしにくいなど、長く安全に使えるものを選ぶことはもちろんですが、「使い道に多様性があることが大切」と村上さん。

「ひとつの『知育玩具』でも、年齢に合わせて遊び方を変えて楽しめるものがいいですね。だからこそ、『知育玩具』は、子どもが自ら興味をもって選ぶことが必要なのです」

子どもが興味を持つもので、なおかつ、多様性をもって、長く使えるということが、選ぶときの重要なポイントといえそうですね。耐久性も意識しながら選びたいものです。
(文・浅子百合/クレッシェント)

お話をお聞きした人

ボーネルンド村上さん
村上裕子
株式会社ボーネルンド
株式会社ボーネルンド・広報担当
株式会社ボーネルンド・広報担当
●こちらも注目! イマドコサーチ ぬりえ、絵本、図鑑など、お子さまの力を育む豊富な知育コンテンツが月額372円で使い放題! お子さまの使い過ぎ防止など、安心して利用できる機能も搭載! アンパンマン、はなかっぱなど人気コンテンツも続々登場!

あなたにおすすめ

ピックアップ