メディア個別 2歳児までの知育玩具の選び方 | 遊んで学ぶ「知育玩具」はどう選ぶ? | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

2歳児までの知育玩具の選び方

第2回 遊んで学ぶ「知育玩具」はどう選ぶ?
幼児向け玩具を選びたいと思ったとき、あまりの多さに何を選んだらいいのか…と、戸惑うことはありませんか。せっかくなら、「知育玩具」のように遊んで学べるものを選びたいですよね。「知育玩具はお子さんの年齢や成長度合いに合わせて、適切なものを選ぶことが大切です」と話すのは、知育玩具メーカー、ボーネルンドの広報担当・村上裕子さん。具体的に、2歳児までの「知育玩具」をどう遊んだらいいのか、教えてもらった。

10カ月を過ぎたら知的好奇心くすぐる玩具を

「子どもは、生まれて3カ月たつと首がすわり、手を使うようになります。6カ月ではおすわりや、ハイハイをするようになるので、両手を使って遊ぶことができるものがいいですね。10カ月になると動ける範囲が広がって、知的好奇心が大きく育ちます。握ったり、引っ張ったり、振ったりできるものがオススメです。気をつけてほしいのは、子どもの成長段階に合った玩具を与えること。ひとつずつ段階を踏んで成長していくので、その時々にふさわしい玩具を選ぶことが必要なのです」(村上さん 以下同)

村上さんによると、1歳になると、目、鼻のあるものに興味を持つため人形遊びなどが、1歳半から2歳では大きさの概念を吸収できる時期のため、積み木など同じ大きさの面を合わせたり、高さを合わせたりする玩具がおススメなのだとか。

「0~1歳は、急速な発達期といわれており、子どもは五感を通してこの世界のことを知っていきます。子どもの好奇心を引き出し、子ども自らが手を伸ばしたくなるような道具を選んであげてください」

では、対象年齢別にオススメの知育玩具を紹介しよう。

●対象年齢:0~1歳

▼スクイッシュ(2916円/ボーネルンド)

スクイッシュ(ボーネルンド)

ゴムの張りを均等にした木製の球型玩具。握ったり、引っ張ったりすると変形する。振ると木が触れ合う心地よい音が響き、つまむという動作ができるようになったら、木製の玉を動かす遊び方もできる。

●対象年齢:1歳~

▼アニマルボーリング(4860円/ボーネルンド)

アニマルボーリング(ボーネルンド)

6匹の動物とボールがセットになっていて、ひとつずつの人形で遊ぶこともでき、並べてボールを転がし、ボーリングのように遊ぶこともできる。

▼ベビラボ はじめてのひもとおし(1944円/バンダイ)

はじめてのひもとおし(バンダイ)

集中力を育む遊び「ひもとおし」ができるセット。キャラクターの顔のかたちをしたカラフルなプレートの穴に、歯ぶらし型の持ち手がついたひもを通して遊ぶことができる。穴のサイズは3段階あるので、成長にあわせてステップアップできる。

ベビラボ はじめてのひもとおし(バンダイ)

まずは親が、それぞれの「知育玩具」がもつ意味合いを理解して、子どもが興味をもって効果的に遊べるよう、誘導していくことも大切なんですね。
(文・浅子百合/クレッシェント)

お話をお聞きした人

ボーネルンド村上さん
村上裕子
株式会社ボーネルンド
株式会社ボーネルンド・広報担当
株式会社ボーネルンド・広報担当

商品情報

スクイッシュ(ボーネルンド)
スクイッシュ
ボーネルンド
2,916円
幾何学的な美しい立体が、赤ちゃんの五感を刺激
幾何学的な美しい立体が、赤ちゃんの五感を刺激
アニマルボーリング(ボーネルンド)
アニマルボーリング
ボーネルンド
4,860円
6体の動物のピンとボールがセットになったボーリングゲーム
6体の動物のピンとボールがセットになったボーリングゲーム
はじめてのひもとおし(バンダイ)
ベビラボ はじめてのひもとおし
バンダイ
1,944円
遊んで育む集中力! 成長に合わせて遊びながら学べるしかけがた〜くさん!   ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
遊んで育む集中力! 成長に合わせて遊びながら学べるしかけがた〜くさん!   ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV
●こちらも注目! イマドコサーチ ぬりえ、絵本、図鑑など、お子さまの力を育む豊富な知育コンテンツが月額372円で使い放題! お子さまの使い過ぎ防止など、安心して利用できる機能も搭載! アンパンマン、はなかっぱなど人気コンテンツも続々登場!

あなたにおすすめ

ピックアップ