メディア個別 ニオイを気にせず調理できる新発想の『アラジン グラファイトグリラー』に量販店モデルが登場 | LIMIA | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ニオイを気にせず調理できる新発想の『アラジン グラファイトグリラー』に量販店モデルが登場 

ニオイを気にせず調理できる新発想の『アラジン グラファイトグリラー』に量販店モデルが登場
~LIMIA~

今年4月に発売以降、「煙」「ニオイ」を気にせず調理できる新発想の家庭用グリラーという、新しいカテゴリーを確立した『アラジン グラファイトグリラー』。機能性はそのままにシンプル仕様でより求めやすい価格の量販店モデルは見逃せません!

厚いお肉も美味しく調理!

食材に合わせて自在に温度の調整ができ、「煙」「ニオイ」を気にせず、クイックプレートを使い、高温輻射で焼く・炙るため、焼き鳥・焼き魚・貝焼き・焼きおにぎりなど様々な調理を楽しめるのがこのアイテム。
フッ素加工が施されているのでお魚を焼いてもこびり付きの心配もないんです。さらに、厚い肉料理もジューシーに焼き上げることができるため、ステーキやハンバーグなどの料理も楽しめるんですよ。

『アラジン グラファイトグリラー』を使ったレシピサイトもあります。

世界初の特許技術である「遠赤グラファイト」を搭載

「遠赤グラファイト」とは、株式会社千石の特許技術で、ポリイミドシートをグラファイト結晶化した素材。鉄の約10倍の熱伝導率があり、遠赤外線量は同社カーボンの1.2倍といった特性をもち、アラジンブランドの暖房機「グラファイトヒーター」として既に展開。この世界初の独自技術を駆使して開発したのが『アラジン グラファイトグリラー』というわけなんですね。

0.2秒瞬間発熱で予熱の必要なし。強火の遠火で本格炭火の美味しさを!

「遠赤グラファイト」が発する遠赤輻射熱を利用し、食材に直接熱を与える事で炭火で焼いたように仕上げてくれます。遠赤輻射熱はフライパン(伝導熱)とは異なり、肉表面に余計な熱を与えず肉をふっくら焼き上げる効果があるそうです。

室内でも「煙」「油」「ニオイ」を気にせず楽しめるのが嬉しい。カロリーカットでヘルシーなのもグッド

このグリラーの長所はたくさんあります。

・熱源が上部のみに配置され、また焼き網の下に水トレイがある事で食材から出る油が水トレイに落ちて飛び散りを防ぐだけでなく、煙やニオイが出にくいです。
・食材から出る油が独自のスリット加工を施されたプレート(3D曲面形状)から「雫」のように落ちる
 ため、余分な油をカットしヘルシーなんです。
・食材の表面から焼けるので、食べごろも見逃さない!焼き具合を見ながら家族・友達と楽しく料理
 できます。

製品概要

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP