メディア個別 子どものアレルギーが気になるなら要チェック!加工食品のアレルギー表示 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
子どものアレルギーが気になるなら要チェック!加工食品のアレルギー表示 

子どものアレルギーが気になるなら要チェック!加工食品のアレルギー表示
~ベビーカレンダー~

缶・ビンなどの容器に入った加工食品や、箱やビニール袋に包装された加工食品の場合、アレルギー症状を引き起す物質を表示することが、食品表示法では決められています。子どものアレルギーが気になる場合、加工食品のどういった表示を見ればいいのか。今回は、加工食品のアレルギー表示についてお伝えします。

缶・ビンなどの容器に入った加工食品や、箱やビニール袋に包装された加工食品の場合、アレルギー症状を引き起す物質を表示することが、食品表示法では決められています。子どものアレルギーが気になる場合、加工食品のどういった表示を見ればいいのか。今回は、加工食品のアレルギー表示についてお伝えします。

必ず表示されるものは7品目のみ

表示の対象となるアレルギー物質は、全部で27品目あります。このうち、容器に包装された加工食品で、必ず表示することが義務付けられているアレルギー物質は7品目です。表示することが推奨されている20品目もありますが、表示義務はありません。


加工食品のアレルギーが気になる場合は、まずこの表示を見て、アレルギー物質が入っているかどうかを確認するようにしましょう。


●必ず表示される7品目(特定原材料)

卵、乳、小麦、えび、かに、落花生、そば


●表示が推奨される20品目(特定原材料に準ずるもの)

いくら、キウイフルーツ、くるみ、大豆、バナナ、やまいも、カシューナッツ、もも、ごま、さば、さけ、いか、鶏肉、りんご、まつたけ、あわび、オレンジ、牛肉、ゼラチン、豚肉

要注意!アレルギーの表記はさまざま

原材料名のところに表示されるアレルギー物質の名称は、「代替表記※」という代わりの表記も認められているため、ひと目見ただけでは原材料に何が使われているのかがわからないことがあります。


たとえば卵の場合は「エッグ、鶏卵」と表示されたり、乳の場合は「ミルク、バター、チーズ、アイスクリーム」のように、「乳」という文字がまったくつかないものもあるので注意が必要です。


また、原材料名に「乳化剤」とあった場合でも、乳化剤は卵黄や大豆から作られているため、牛乳は使われていません。このように、原材料名だけで材料がわからないときは、メーカーや販売会社に問い合わせるようにしましょう。


※くわしい代替表記を知りたい場合は、消費者庁のパンフレットをご覧ください。

何が使われているのか、じっくり見ること

原材料名に表示されるアレルギー物質は、個別に表示されることもあれば、一括で表示されることもあります。個別に表示されている場合は、原材料ごとに「〜を含む」「〜由来」という表示があるので、この部分を見ること。


一括表示の場合は、原材料名の最後にあるカッコ内にまとめて表示されるので、ここをチェックします。どちらの場合でも、まずは加工食品には何が使われているのか。原材料名をじっくりと見ながら、考える習慣を付けましょう。


●個別表示の例
カラメルシロップ(乳成分、大豆を含む)
香料(乳製品、大豆由来)

●一括表示の例
(一部に、大豆、小麦を含む)

小売店で作られているお総菜やパンのように、包装されていない食品にはアレルギー物質の表示義務がありません。また、食堂やレストランのような外食で出される料理や飲み物も、アレルギー物質に関する表示義務はありません。食物アレルギーに配慮したメニューがある場合でも、それはお店の自主的なものであることを理解したうえで、利用するようにしましょう。


※参考文献、資料
厚生労働省「授乳・離乳の支援ガイド」
「食物アレルギーの栄養指導の手引き2011」
「食物アレルギー診療ガイドライン2016」(協和企画)
「食物アレルギーの栄養指導」(医歯薬出版株式会社)
「図解食物アレルギーの悩みを解消する!最新治療と正しい知識」(日東書院)
「食物アレルギーをこわがらない!はじめての離乳食」(主婦の友社)

著者:管理栄養士 富田チヤコ

管理栄養士で一男一女の母。大学卒業後、専業主婦時代に離乳食作りから食の重要性に気付き、管理栄養士・フードコーディネーター・消費生活コンサルタントの資格を取得。書籍や女性誌の栄養監修など、主に健康と食のジャンルを中心にフードライターとして活動中。

配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP