メディア個別 歯磨きをしたがらない子も歯磨きがしたくなる方法 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
歯磨きをしたがらない子も歯磨きがしたくなる方法 

歯磨きをしたがらない子も歯磨きがしたくなる方法
~ベビーカレンダー~

歯磨きがきらいな子でも楽しくなる方法を教えます。赤ちゃんはいきなり口の中に歯ブラシを入れられると驚いてしまいます。まずは遊びの延長線上として、歯磨きをする格好で口のまわりを触って遊ぶようにしましょう。慣れてきてから本格的な歯磨きをすると、赤ちゃんも抵抗することなく歯磨きができることが多いです。

こんにちは。日本コミュニケーション育児協会の珠里です。子育て中のママとお話ししていると「歯磨きをいやがるんです」という声をよく耳にします。そこで今回は、「歯磨きをしたがらない子も歯磨きがしたくなる方法」をお伝えいたしますね。

獲物を見つめるチーターのよう

「虫歯になってしまわないように」と、ママは真剣に歯磨きをしようとしますよね。そのときのママの顔って子どもからしたら、とってもこわいのかもしれません。


いつもやさしいママが歯磨きタイムになると目つきが鋭くなって、まるで獲物を見つめるチーターのよう……。「そんなことないよ~」という声が聞こえてきそうですが、ママが真剣になればなるほど子どもは威圧され、歯磨きをいやがるようになってしまうようです。

口の中を触られることに慣れさせましょう!

楽しく歯磨きをおこなうためには、まず口の中を触られることに慣れさせましょう!いきなり口の中を触れられたり、無理矢理大きく口を開けさせられたりすると赤ちゃんは不快に感じ、不安にもなってしまいます。


そうなると、次からは口を開けることすらいやがるようになってしまい、歯磨きどころではなくなってしまいます。

口の中を触られることに慣れさせる

そこで、歯磨きになれる準備として、赤ちゃんを歯磨きをするときの体制にし、ほっぺや鼻など、お顔にポンポンとやさしく触れることから始め、口のまわりやくちびるを同じように触れていきましょう。


これはあくまでも遊びとして楽しみながらおこなうことをおすすめします♪この遊びを楽しめるようになってきたら、お口の中にも触れてみるといいですよ。

歯磨きは決まった時間に楽しみましょう

歯磨きは時間を決めておこないましょう。歯磨きに慣れるまでは、1日3回のうち1回はゆっくりていねいに磨き、残り2回はコミュニケーションの時間と考え、お子さんと歯磨きを楽しむことを大切にしましょう。そしてじょじょに3回とも磨けるようにしていきましょう。歯磨き粉は、泡立ちが少なく誤飲しても問題のない赤ちゃん用のジェルタイプのものがおすすめです。


思ったように磨けないからといって、イライラするのは禁物!ママとの歯磨きタイムを楽しみにさせることを優先し、お子さんとのコミュニケーションタイムだと考え、楽しい雰囲気づくりを心がけましょう。そして、ママとの歯磨きタイムを”とっておきの時間”として楽しみにさせちゃいましょう!

著者:日本コミュニケーション育児協会 珠里友子

日本コミュニケーション育児協会(JCCRA)理事、トイレトレーニングアドバイザー®養成トレーナー、「子育てをもっとハッピーに!」をモットーに5人の子育ての経験を活かして、トイレトレーニングアドバイザー®として活動。その他「子どもの心と体に触れるコミュニケーション子育て」を発信しています。


配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP