メディア個別 ダサく見せない、パパとママのための運動会コーデ | ハジコレ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ダサく見せない、パパとママのための運動会コーデ 

ダサく見せない、パパとママのための運動会コーデ
~ハジコレ~

夫婦で参加する運動会、できればおしゃれなコーデで行きたい。でも、浮いてしまったらどうしよう......。どのくらいカジュアルでいい?パパの服装は?そんな悩めるパパやママに、運動会コーデのポイントを伝授!

日焼け対策も!オシャレなママのコーデ

運動会でのママは、動きやすく、爽やかなカジュアルを基本に。1日中屋外にいることも多い運動会では、UV対策も重要だ。その両方を叶えるコーデのポイントとは?

◆UV対策はカーデと小物で

運動会がおこなわれる春や秋、暑くはなくても紫外線は降り注いでいます。つばが広い帽子や、サングラスは必需品。ショートカットやまとめ髪のママは、首筋の“うっかり日焼け”を防ぐためにスカーフを活用して。UVカットのカーディガンは、温度調節や日焼け対策に1枚用意しておくと便利。肌寒い時は羽織って、暑い時でも肩からにかければ日よけになる。

◆トップスはシンプルに

涼しい時は七分袖、暑い時は半袖のトップスで。親子競技にしっかり出るならTシャツがベスト。ゆったりサイズを選べば、動きやすく体型カバーにもなるので一石二鳥だ。ただし、なるべく柄が少なくシンプルなものを選んだほうがベター。派手な柄やキャラクターのTシャツは、子どもっぽく見えることもある。色も、黒や白ならコーデしやすい。

◆ボトムスはジャージー素材など伸縮性があるものを

競技に出るなら、ノーマルなジーンズは伸縮性がなく動きにくいのであまりおすすめできない。伸縮性のあるスキニーデニムや、ジャージー素材のパンツなら、形を選べば動きやすくておしゃれに見えるのでおすすめ。また、丈は日焼けやケガのことを考えるとロングがいいだろう。

◆足元はスニーカーで

足元はもちろんスニーカーがベスト。見学だけならフラットシューズでもいいだろう。ホワイトはおしゃれに見えるが、意外と砂や泥で汚れるので、洗える布製をチョイスしよう。色柄を取り入れたい人は、スニーカーで取り入れると、派手になりすぎずオシャレなワンポイントに。

パパのコーデは清潔感を大事に!

運動会でのパパは、競技に出たり写真やムービーを撮ったりと大忙し。動きやすいのは当然として、他のママに見られても恥ずかしくない、きちんと感や爽やかさもキープしたいところ。そんなパパの運動会コーデとは?

◆襟のあるトップスできちんと感を演出

襟がついているだけで、少しきちんとした感じになる。コットンシャツやポロシャツは、値段もカラーもバリエーション豊富。似合うものを選ぼう。ここで重要なのはサイズ選び。大きめやピチピチではなく、ジャストサイズで着ることが、一番カッコよく見えるポイントだ。また、着古してヨレヨレの襟はだらしなくみえるので注意。

◆ボトムスはスッキリきれいめに

ボトムスにおすすめなのはハーフパンツやチノパン。ダボッとしたワイドサイズではなくスッキリシルエットのきれいめなものをチョイスすると、グッとオシャレになる。ただし、細身すぎると動きにくいので、試着は必須。また、色や柄は派手すぎるとリゾートのようになってしまうので、カーキやベージュのスタンダードな色で。

◆いっそ全身をスポーティーに決める

スポーツマンのパパなら、いっそ上下ジャージとスニーカーなど、トータルでコーデしてしまうのもおすすめ。その時注意したいのは、オーバーサイズでないこと、着古してヨレヨレのものは着ないことだ。お気に入りのサッカーチームのブランドで揃えてみれば、競技の成績も気分も上がるかもしれない。

これはNG!やっちゃいけないコーデとは

運動会は子どもが活躍する場所。悪目立ちしないように、NGポイントも押さえておこう。

◆露出が多い

シャツの胸元が大きく開いている、ホットパンツで足が太ももまで露わに………というのは、学校などの場ではふさわしくない。ママはオーバーサイズのシャツだと、かがんだ時にうっかり見えることもあるので注意を。

◆光り物を身につける

結婚指輪以外のものは、基本的につけないほうがベター。ネックレスやバングルなどは、ケガの原因となることもあるので気をつけたい。また、傷つけたりなくしたりしても自己責任。アクセサリーは運動会には不向き。

◆ビーチサンダルやヒール

競技に参加しなくても、園庭や校庭はヒール履きには向かない作り。また、ビーチサンダルは足が出ている面積が多いので、ケガをしたり、だらしない印象に見えることもある。

子どもが主役の運動会では、動きやすく清潔であるのが最低条件。節度を持った服装で、子どもと一緒に楽しもう。

執筆者:サワユカ

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP