メディア個別 子連れ旅行の"交通手段"選びとスムーズな移動のコツ | ハジコレ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

子連れ旅行の"交通手段"選びとスムーズな移動のコツ

ハジコレ
子連れ旅行で、一番の心配が目的地までの移動手段ではないだろうか。長時間、乗り物の中でじっとしているのは、赤ちゃんにとって退屈で辛いこと。ぐずったり、泣き出したりしてしまうかもしれない。オムツの交換も心配だ。旅行の交通手段としては、新幹線などの鉄道、飛行機、車が考えられる。それぞれのメリットとデメリットを知ったうえで、上手に利用しよう。

【鉄道】高速・正確な新幹線でも、ゆとりをもって計画を立てよう

新幹線や鉄道での移動は、発着時間が正確で予定が立てやすいのが魅力。自宅や目的地とのアクセスもいい。しかし、ベビーカーを使う場合、改札口からホームまでのエレベーターが離れた場所にあることが多く、意外と乗り換えに時間がかかる。駅には早めに到着するように計画を立て、乗車前に、授乳やおむつ替えなどを済ませておくようにしたい。ベビーカーは場所をとるので、広いスペースのある車両の先頭か最後尾の席を予約するといい。どうしても赤ちゃんが落ち着かないときは、無理をせずに途中下車して休憩をとろう。

【メリット】

発着時間が正確でスケジュールを立てやすい
市街へのアクセス、ローカル線への乗り換えがしやすい

【デメリット】

繁忙期やピークは指定席がとりにくい
子供がぐずったときに周囲へ迷惑をかける

【飛行機】赤ちゃん&子連れ向けのサポートサービスが充実

なんとなくハードルが高そうな飛行機だが、実際は鉄道以上に子連れ旅行者向けのサービスが整っている。航空会社によってサービス内容に違いはあるが、例えばJAL(日本航空)、ANA(全日空)の国内線では満3歳未満の子ども連れであれば、一般客よりも先に優先搭乗させてもらえる。そのほか、空港内でのベビーカーの貸し出し、機内でのチャイルドシート、赤ちゃん用毛布の貸し出し、紙おむつ、離乳食・幼児食の提供など、至れり尽くせりだ。事前予約が必要なサービスもあるので、利用する航空会社に問い合わせて、相談するのが確実だ。

飛行機によっては、機内におむつ替えの台がない場合もあるので、乗る前に、おむつ替えを済ませておこう。また、赤ちゃん連れの旅行では、後ろ側の席がおすすめ。トイレに近く、ぐずったときに席を立ちやすい。好きな席が選べるように、早めに予約しよう。

・JAL国内線のベビーお出かけサポート

https://www.jal.co.jp/dom/support/smilesupport/baby.html

・ANA国内線のお子様連れのお客様向けサポート

https://www.ana.co.jp/serviceinfo/domestic/support/family/

【メリット】

移動時間が短い
キッズ向けの優待サービスが受けられる

【デメリット】

到着まで機内から出られない
欠航・遅延の可能性がある
気圧の変化による身体への影響

【車】渋滞を避けられれば、プライベート空間で自由な旅が楽しめる

好きなだけ荷物を載せることができ、自由度が高いのは車。周囲の目を気にせず、車内でくつろいで過ごせる。車載モニターやタブレットで子どもの好きな動画を見せれば、長時間の移動も退屈しない。車の移動で心配なのは、運転手の疲労による事故。安全運転で、こまめに休憩をとろう。長距離の運転に自信がなければ、マイカーをフェリーに乗せて移動する方法もある。車ごと乗船して、長距離の移動はゆったりと船室で過ごし、現地では車で自由に動き回れる。

駅や空港からレンタカーなどを利用するケースもあるが、普段、車に乗り慣れていないと、チャイルドシートを嫌がったり、車酔いをしたりする赤ちゃんもいる。普段から車で近くへ出かけて慣れさせておこう。酔い止めの薬も用意しておくといい。

【メリット】

目的地までたくさんの荷物を運べる
子供が車内で騒いでも迷惑にならない

【デメリット】

長時間の運転による疲労、事故の心配も
渋滞の可能性もあり、到着時間を読みづらい


執筆:ポリリー

あなたにおすすめ