メディア個別 捨てるのはもったいない!不要になった赤ちゃん肌着の活用法 | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
捨てるのはもったいない!不要になった赤ちゃん肌着の活用法 

捨てるのはもったいない!不要になった赤ちゃん肌着の活用法
~ベビーカレンダー~

赤ちゃんの成長に従って、たくさんの下着・肌着を購入しますよね。汚れて使用しなくなったり、サイズアウトして使えなくなったり……。さまざまな理由で処分しなければならないものが増えていきます。でも、ただ捨ててしまうのはもったいない!案外使える、不要になった赤ちゃん肌着の活用法をご紹介します。

赤ちゃんの成長に従って、たくさんの下着・肌着を購入しますよね。汚れて使用しなくなったり、サイズアウトして使えなくなったり……。さまざまな理由で処分しなければならないものが増えていきます。でも、ただ捨ててしまうのはもったいない!案外使える、不要になった赤ちゃん肌着の活用法をご紹介します。

まずは不要なものを選別!

使わなくなった下着・肌着とはいえ、赤ちゃんが初めて着たものや友人にもらったものなど、どうしても捨てることを躊躇してしまうものもあると思います。そういったものはしばらくの間、記念にとっておいてもいいですね。「捨てよう!」という気持ちにならないものを無理に捨てる必要はありません。まずは、とっておきたいものと不要になったものに選別してみましょう。

油の処理に活用!

忙しい子育ての中で、不要になったものをリメイクするのはちょっとめんどう……。そこでわが家では、赤ちゃん肌着の特性を生かして活用しています。何回も洗った下着や肌着は柔らかく、吸水性も買ったばかりのころよりよくなっています。


わが家では、油を多く使用した料理のあとの処理によく使用していました。揚げ物などのあとに、油を処理するときに、不要になった赤ちゃん肌着にしみ込ませて処分しています。各自治体で油の処理などは異なりますので確認が必要ですが、ストレスなく処理ができています。

適当な大きさに切ってさらに活用!

もうひとつは、赤ちゃん肌着を20cm四方の大きさにあらかじめ切っておき、ふきんとしていろいろな場面で活用しています。


食事のときなどに、わが子の口や手についた汚れをサッと拭くことができて重宝しています。吸水性がよくやわらかいので、お肌にもやさしいところがうれしいです。不要になった下着・肌着なので、気後れすることなく捨てられるところもグッド。おむつ交換の際、おしりの汚れを拭くおしりふきとしても役に立ちますよ。


不要になった赤ちゃん肌着は、乾いたままでも濡らしても便利に使うことができます。子ども服や肌着には思い入れもあり、とってはおけないけれど、そのまま捨てるのはちょっと……という方にもおすすめ!みなさんもいろいろな活用法を見つけてみてくださいね。(TEXT:ママライター石田文子)


配信元

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP