メディア個別 シルク・ドゥ・ソレイユが破産申請 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

シルク・ドゥ・ソレイユが破産申請

第1522回 海外スターの最新ニュース

シルク・ドゥ・ソレイユが破産申請をした。ラスベガスなど世界各地で公演をしてきたカナダのモントリオールに拠点をおく同ライブ・エンターテイメント会社は、ケベック州の裁判所で企業債権者調整法の適用を申請、30日(火)の審理でそれが認められれば、アメリカでも破産申請する予定だという。新型コロナウイルスにより多大な打撃を受けた同社は、今回の申請により再建、再開を目指す。

シルク・ドゥ・ソレイユ・エンターテイメント・グループのダニエル・ラマール最高責任者(CEO)は、こう声明を発表している。「過去36年において、シルク・ドゥ・ソレイユは大いなる成功、そして利益を収めた団体でした。しかし、新型コロナウイルスに伴い、全てのショーの中止を余儀なくされたことで収入がゼロとなり、マネージメント側は弊社の将来を守るための決断を下さなければなりませんでした」「弊社の運営の再築、そして皆が力を合わせることにより、マジカルなスペクタクル、シルク・ドゥ・ソレイユを再び作り上げ、世界中の何百万というファンの方々にお届けすることを楽しみにしています」

以前はラスベガスで6つのショーを公演していた同社だが、パンデミックにより3月中旬から中止を余儀なくされていた。

全公演中止を受けて、当初劇団員には一時解雇の措置がとられていたが、今回約3480人の解雇が発表された。

しかしながら、ラスベガス公演などの定期公演は、同社によるそのほかの公演よりも一足早く再開すると見込まれていることから、定期公演部門に属するアーティストとスタッフは影響を受けないようだ。