メディア個別 解毒の涙が止まらなかった理由。何度も子どもを叩きそうになった私が… | ベビーカレンダー | ママテナ
解毒の涙が止まらなかった理由。何度も子どもを叩きそうになった私が…

解毒の涙が止まらなかった理由。何度も子どもを叩きそうになった私が…

子どもに対してイライラしてしまうことに悩んでいたママ。実はイライラの原因が自身の生い立ちにあると気付いたのは、1冊の本がきっかけだったそうです。心を落ち着かせてくれたというこの本について紹介しています。

私は0歳のころから20歳ごろまで、実親による暴力やネグレクトなどを受けて育ちました。いわゆる「毒親」と呼ばれる環境のもとで育ってきたのです。やがて私も母となり、慌ただしい子育ての最中で運命の本と巡り合いました。やさしくわかりやすい言葉で執筆されていて、私のなかのわだかまりを溶かしてくれました。私の「解毒の涙」が止まらなかった理由をお伝えします。

なぜこんなにイライラするのか

毒親の強烈な支配下のもと、心理的コントロールの被害にあった私。そんな複雑な家庭で育った私が、子育てを通して「訳のわからないイライラ」が自身のなかにあることに気付きました。もちろんママになった瞬間から「自分の心の内にイライラの原因がある」とは気付かず、「このイライラの原因は子どもや夫のせいだ」といつも人のせいにしてきました。


そして自身が幼少期からされてきた暴力などのひどい仕打ち。それが子どもへの育児を通して、度々自身の脳裏にフラッシュバックします。それがつらくて、子どものかんしゃくについ怒鳴ってしまうこともありました。

つらかった経験がフラッシュバック

自分が親にされて傷ついたことをわが子にはしたくないと思っているのに、してしまう自分がいることに気付いたのです。実際に思わず手をあげそうになったことが何度もあり、必死でその手を抑えてきました。そんな苦しみの最中に、運命の本と出合いました。


タイトルは『ママ、怒らないで。不機嫌なしつけの連鎖がおよぼす病』(風鳴舎)です。価格は、税込み1,760円でした。まるで絵本のようなかわいらしいイラストが適度に取り入れられ、やさしくわかりやすい言葉で説いてくれており、非常に読みやすかったです。

関連記事:

ピックアップ

「ママがずっと携帯見てるから…」涙目で訴える女の子。その真相は…!?
「やめなよ!変態じゃん!」夫に指摘されて豹変!でも超わかりみが深いw
保育士の言葉に涙!大変だった…食物アレルギーで弁当持参の保育園生活
「息子を洗脳してるの?」嫁の鞄を盗んだ義母の主張とは? #物が無くなる家 16