メディア個別 キッチンにあるアレを使う!安いお肉をやわらかくするには? | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

キッチンにあるアレを使う!安いお肉をやわらかくするには?
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

スーパーなどで買ってきた特売品のお肉。お財布にはやさしいけれど、ちょっとかたくて残念…。という経験をしたことがある人は少なくないのでは? そこで、どうすればかたいお肉を柔らかくできるのか調べてみました。

かたいお肉は●●に漬け込む

お肉を柔らかくするために、まず思いつくのは漬け込む方法。「タンパク質分解酵素プロテアーゼ」と呼ばれる成分を含んでいる食材に漬け込むことで、お肉が柔らかくなります。

具体的な食材としては、酢豚などにも入っているパイナップルもしくは、舞茸にも前述の成分が多く含まれているといわれているので、おすすめです。

他にも、キウイ、マンゴー、タマネギ、大根など、いろんなフルーツや野菜でも柔らかくなるので、お好みの食材を使うとよさそうです。
キッチンにあるアレを使う!安いお肉をやわらかくするには?
 

片栗粉でコーティングして柔らかくする

お肉を焼くと、肉汁が流れでてきますよね。それを防ぐために、お肉を焼く前に片栗粉を薄くまぶしておくと、肉汁を閉じ込めることができます。そうすると、ジューシーで柔らかいお肉に仕上がるというわけ。おいしく焼き上げるためには、片栗粉を“薄く”まぶすことがポイントです。普段から料理をしているご家庭であれば、片栗粉も常備されている場合が多いのでお手軽なはず。

お肉をたたいて柔らかくする

こちらも比較的定番な方法ですよね。ミートハンマーや包丁を使ってお肉をたたくことで、お肉の繊維がほぐれて柔らかくなります。また、たたくことによってお肉に下味がなじみやすくなり、焼いた際にも縮みづらくなるともいわれているので、ステーキなどの際には、この方法が適しているかもしれません。

前述の他にも、炭酸水に漬け込んだり、重曹を使うなどの方法もあり。調理の仕方によって、上手に使い分ければ、お料理スキルがアップするかも。「柔らかいお肉に仕上げたい」というときには、ぜひ試してみてください。
(文・山手チカコ/考務店)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP