メディア個別 2人目出産後、うつ状態に。さらに過酷な状況に孤立感でいっぱいで… | ベビーカレンダー | ママテナ
2人目出産後、うつ状態に。さらに過酷な状況に孤立感でいっぱいで…

2人目出産後、うつ状態に。さらに過酷な状況に孤立感でいっぱいで…

2人目を産んだあと、産後うつ状態になったママが新型コロナウイルスの影響でさらに過酷な状況になり、より孤立感に苛まれたそうです。そんなモヤモヤ・イライラを「新しいコミュニケーション方法」で解消しようと試みた体験談を紹介しています。

現在4歳と1歳の子どもを育てている2児のママですが、新型コロナウイルスの影響で4月から保育園への登園を自粛する運びとなりました。私は自営業を営んでおり、平日は子どもを預けて仕事ができていたはずだったのに、まさかこんな事態になるとは予想できませんでした。また、私自身が下の子を産んだあとに産後うつ状態となり、今現在も精神薬などの服用も欠かせないといった経緯があり、日々イライラが募るばかりでした。

登園自粛から3日目でイライラがピークに

子どもの登園を自粛した3日目から、私のイライラはピークに達しそうでした。元から感情の起伏が激しくイライラしやすいということもあったのですが、ワーママということもあり、ママ友同士のつながりに乏しかった私。


「今、周りのお友だちや子どものクラスメイトたちはどこで何をしているのか?」といったことがまったくわからず、孤立を感じやすかったからだと分析しています。

リスクを下げるための行為にモヤモヤ

また、人恋しくなって公園など限られた施設で子どもたちと遊んでいると、上の子や下の子と同年代の子どもたちもわりとたくさん遊んでいました。その姿には、なんとなくほっとした気持ちもあったのですが、上の子が知らない子どもに近付こうとすると、その子どもの親は「近付いちゃだめだよ」と子ども同士を引き離したのです。


もちろん新型コロナウイルスの影響で、感染リスクを下げるためにむやみに人には近付かないほうが良いという判断のうえだということはわかっていました。しかし、頭では理解していても、感情は孤立感でいっぱいで「人恋しいけど、誰も私たちに近付いてくれない、寂しい」といった気持ちがあったのも正直なところです。

関連記事:

ピックアップ

「ビビッ!きっと彼と結婚する」私16歳、彼9歳上。2人のハードルは…
「喜怒哀楽がジェットコースター…」切ない恋にチャンス到来!?/さぁ恋
家族、夫、祖父の死。私が不妊治療してでも「子どもが欲しい」理由 #13
「え、60万円!?」お受験、英語…加速するママ友たちにぼう然【ママならぬ日々149話】