メディア個別 マスク×夏がヤバすぎる!崩れを防いでキレイをキープ♡鉄壁メイクテク6選 | michill (ミチル) | ママテナ

マスク×夏がヤバすぎる!崩れを防いでキレイをキープ♡鉄壁メイクテク6選

美容ライターの遠藤です。今年はコロナウィルス感染症の対策でマスクが手放せない状況のまま夏に突入し、メイク崩れに困っている人が多いのではないでしょうか。今回は、例年以上に過酷で崩れやすい、この夏を克服するためのメイクテクニックをご紹介します。

【ベースメイク】

スキンケアもメイクもしっかりとなじませる

ベースメイクの崩れを防ぐにはスキンケアの段階から工夫していく必要があります。

まずスキンケアを終えてメイクを始めるまで、できれば30分程度空けること。なぜなら、スキンケアの油分をしっかり肌に浸透させなければメイクが崩れやすくなってしまうからです。

時間がない時には軽くティッシュオフ(ティッシュで肌を擦るのではなく、顔にティッシュをのせて手で軽くおさえてティッシュを外す。)するのでもOK。

スキンケア、化粧下地、ファンデそれぞれをしっかりと肌になじませながら塗り重ねていくことが大切です。

メイク崩れを防ぐ効果のあるアイテムを使う

メイクモチをよくする化粧下地やミストを使うこともベースメイクの崩れを防ぐためには重要です。

おすすめアイテム

(左)コーセーコスメニエンス メイク キープ ミスト(税抜価格1,200円)
メイクの仕上げにシュッと吹きかけるだけで崩れを防ぐミスト。汗や水、皮脂をはじくのでテカリや滲みを防ぎます。さらに、肌に潤いを与えて乾燥から守る効果も。

(右)m.m.m スキンスムーザー(税抜価格3,200円)
「塗るあぶらとり紙」の異名を持つ部分用化粧下地。なじませるサラッとした肌触りの陶器肌に。毛穴や凹凸、小じわが気になる部分的に使うとカモフラージュしてくれます。(画像の商品は以前発売された限定品。定番商品は左の形をした右の色のバージョン。)

【アイメイク】

アイシャドウベースか、練り状のアイシャドウを使う

汗をかいて崩れてしまうこともあるアイメイク。崩れを防ぐにはアイシャドウベースを使いましょう。

アイシャドウがパウダータイプだと粉飛びしやすいので、よりしっかりとメイク崩れを防ぎたいなら練り状のものを使うのがベストです。

おすすめアイテム

(左)キャンメイク アイシャドウベース RB(全3種/税抜価格500円)
クリームタイプのアイシャドウベース。まぶたをしっとりと覆いながらアイシャドウの発色や密着、モチを高めてヨレを防ぎます。画像カラーの「RB」はくすみを払拭してまぶたに透明感を与えるラベンダーブルー。

(右)コフレドール 3Dトランスカラー アイ&フェイス OR‐21(全10色/税抜価格1,600円)
顔全体に使えるフェイスカラー。軽い感触ながら肌に密着して立体感のある眼差しに仕上がります。画像カラーの「OR‐21」は親しみやすく快活な印象に仕上がるオレンジ。

アイライナー・マスカラはウォータープルーフを使う

アイライナーやマスカラは、あらかじめウォータープルーフのものを使うと崩れを防ぐのに役立ちます。

おすすめアイテム

(左)ケイト レアフィットジェルペンシル BR‐2(全3色/税抜価格1,100円)
なめらかな描き心地のジェルライナー。密着後は滲みにくく、擦れや汗、水、涙にも強いので美しいラインが長持ちします。BR‐2は、キツくならずに目元を引き締めるビターブラウン。

(右)ベネフィーク セオティ マスカラベース ブラックフォーカス(全1色/税抜価格2,500円)
ダークブルーのマスカラ下地。1本でマスカラとして使うこともできます。汗や皮脂、涙に強く滲みの心配はナシ。まつげを補修・保護しながら長さとカールを叶え、白目を澄んでみせるというハイスペックな商品です。

関連記事:

ピックアップ

「何コレ…?!」ユニクロで買った商品に思わぬ変化が…!意外と知られていない店舗限定アイテム
やっぱり“ロゴTシャツ”が最強に可愛い♡マネするだけで即垢抜ける!おすすめ「夏コーデ」特集
セリアのコレが優勝♡似た様な物はいっぱいあるけど…あえての指名買い!アレ専用お掃除グッズ
ネコ好きとネコ嫌い