メディア個別 ハッとした… 「私えらい?」と聞く長女のママへの気持ち【体験談】 | ベビーカレンダー | ママテナ
ハッとした… 「私えらい?」と聞く長女のママへの気持ち【体験談】

ハッとした… 「私えらい?」と聞く長女のママへの気持ち【体験談】

3人の子どもを育てているママと1番上の4歳の娘さんのお話です。率先してお手伝いをするようになったことをおままごとの延長だと思っていたけれど、そこにはママへの気持ちが隠れていたのかもしれないと感じた体験談です。

4歳になったわが家の長女には、2歳と0歳の弟と妹がいます。最初にお姉ちゃんになったときはまだ2歳だった長女。当時はきょうだいができたという自覚があまりありませんでしたが、4歳になって弟や妹の面倒をよく見てくれるようになりました。最近、そんな長女の心境がわかるようになったのです。

「お姉ちゃんなんだから」は禁句

私の母は3人きょうだいの1番上で、何があっても「お姉ちゃんなんだから!」と言われて育てられてきたそうです。それがストレスに感じたことが多かったようで、長女がお姉ちゃんになったとき、母に「お姉ちゃんだから」という言い方はしないでほしいと言われました。


ひとりっ子として育った私ですが、母の話を聞き、「お姉ちゃんだから」と言われることのプレッシャーを知りました。そのため、今まで長女に「お姉ちゃんだから」と言ったことはありません。

お姉ちゃんを自覚し始めた…?

母に言われたとおり、「お姉ちゃんだから」と言ったことは今でも1回もありません。しかしながら、最近の長女は自然と自分がお姉ちゃんになったという自覚が芽生えているように感じます。


長女は、「私はお姉ちゃんだからできるよ」「私はお姉ちゃんだから我慢する」という言い方をするようになりました。最初はあまり気にしていなかったのですが、話しているときに違和感を覚え、そういう言い方をして自分自身に言い聞かせてるのかなと思い、少し心配になりました。

関連記事:

ピックアップ

【ダイソー】300円は安すぎっ!毎夏大人気の高見えサンダルが今年も登場!
うぉえっ! 今話題の授乳中に気持ち悪くなる「不快性射乳反射」って?
「警察に自首して」義父の盗撮が発覚!身勝手な言い訳に呆れる…! #セクハラ義父 25
「お願い!早く連れてって!」危うく車内で出産になりかけた!?ドタバタ出産体験談