メディア個別 3人目にして初めてのう●ち! 便意と陣痛に戸惑いながらの出産体験談 | ベビーカレンダー | ママテナ
3人目にして初めてのう●ち! 便意と陣痛に戸惑いながらの出産体験談

3人目にして初めてのう●ち! 便意と陣痛に戸惑いながらの出産体験談

3人目を出産中、初めてうんちをしてしまったというママの体験談です。助産師さんのプロ意識と冷静な対応のおかげで、あまり恥ずかしい気持ちにもならず、集中して出産に臨めたそうです。

出産予定日を迎え、徐々に痛みがついてきた陣痛。長男と次男のときは、陣痛の前に激しい下痢があったので、3人目も同じだろうと思っていました。しかしいつになっても便意らしい兆候が現れず、そのまま病院へ行くことに……。案の定、お産中に初めてうんちをしてしまった私の体験談をお伝えします。

私とは無縁! 出産時のうんち

友人たちが出産トークをするとき、よく耳にしたのが「出産時にうんちをしてしまった」という体験。しかし、当時の私は「自分とは無縁な話」だと感じていました。実際長男と次男を出産するとき、陣痛の前に激しい腹痛と下痢があったので、おそらく私の腸の中は空っぽの状態。友人たちの話は「そんなこともあるんだ」と、あまり理解できずにいました。


長男と次男を産むときは、助産師さんから「うんちがしたいと思ったらそのままいきんでね」とも言われていたので、便意というものは私にとって「赤ちゃんを産みたい」という感覚に置き換わっていたのです。

いざ迎えた3人目の出産!

そして、3人目の出産予定日を迎え、順調に陣痛を耐えている最中、ふと不安がよぎりました。「前と同じような腹痛と下痢がない……」。前日から便秘気味だったにも関わらず、当日になったら自然とうんちが出てくるだろうと安心しきっていた私でしたが、今回ばかりはいつもと違ったようで、便秘気味のまま病院へ。


そして「このままうんちが出なかったらどうなるのだろう」という私の心配をよそに、分娩台へ登ることになってしまったのです。

関連記事:

ピックアップ

「妻の生活が理解できた…」パパが思う育休をとってよかったことBEST3!
やさしい雰囲気の名前が人気!女の子に人気の「長音ネーム」ランキング
「本当はずっとそばにいたい」育休終了間近のパパの気持ちに共感しかない
習慣にポイント?子どもの好き嫌いがなくなった食育方法とは?【体験談】