メディア個別 哺乳瓶はいつまで消毒すればいいの!?消毒する理由と消毒する3つの方法 | ベビーカレンダー | ママテナ
哺乳瓶はいつまで消毒すればいいの!?消毒する理由と消毒する3つの方法

哺乳瓶はいつまで消毒すればいいの!?消毒する理由と消毒する3つの方法

この記事では哺乳瓶の消毒について、医師監修のもと解説します。哺乳瓶の消毒がなぜ必要なのか、いつまで続ける必要があるのかについて、しっかりした知識を身につけて実践しましょう。

赤ちゃんが使う哺乳瓶は、きれいに洗浄して消毒しておく必要があります。しかし、育児や家事に忙しく追われていると、毎回哺乳瓶を消毒するのを面倒に感じることがあるかもしれません。哺乳瓶は、どうして消毒しなければならないのでしょうか。今回は、哺乳瓶の消毒が必要な理由や消毒の方法などをお話ししていきたいと思います。

哺乳瓶の消毒が必要な理由

生まれたばかりの赤ちゃんは、おなかの中にいたときにお母さんから受け継いだ免疫があるので、雑菌などに対してある程度の抵抗力があります。しかし、時間が経つと同時にその免疫も徐々に失われてしまいます。


そのため、生後しばらく経った赤ちゃんは、哺乳瓶に繁殖するウイルスや雑菌から自分を守ることができません。免疫力が弱い赤ちゃんを、食中毒や口内炎などのさまざまな病気から守るために、哺乳瓶を消毒してきれいにしておく必要があるのです。

哺乳瓶の消毒はいつまで続けるの?

哺乳瓶の消毒をいつまで続けたらよいかについて、明確な基準は定められていません。なぜなら、赤ちゃんの発達状況は一人ひとり異なるからです。新生児から生後3カ月ごろまではきちんと消毒したほうが良いですが、それ以降は赤ちゃんの発達速度や状況によります。


一つの目安となるのは、赤ちゃんが口に物を入れたり出したりする動作です。さまざまな物を口に入れるようになると、哺乳瓶だけを消毒しても意味がなくなってしまうため、哺乳瓶の消毒が必要なのはこの動作が始まるまでと考える人がいます。一方、免疫力の弱い赤ちゃんのことを考えて、もっと長く、生後7カ月ごろまで消毒を続ける人もいます。赤ちゃんの発達速度や様子、動作などを考慮し、いつまで消毒を続けるかを決めると良いでしょう。

関連記事:

ピックアップ

「買った意味、なかったな…」なぜそうなる?パパの苦労が身にしみた話
「同棲して、見極めてから結婚したい」そんな私の計画を実母が大反対!
「寝かせる気ないやん」布団をかけてくれた娘にキュン→衝撃の行動に!?
「勧誘のためにママ友に?」真偽を知るため、LINEを送ってみたら… #ママ友になりませんか 11