メディア個別 おうちで“日本の美”を鑑賞!歌舞伎の振付師であり舞踊家でもある「藤間勘十郎」 | OZmall(オズモール) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

おうちで“日本の美”を鑑賞!歌舞伎の振付師であり舞踊家でもある「藤間勘十郎」

第1264回 OZmall(オズモール)
歌舞伎の振付師であり、日本舞踊家でもある8世藤間勘十郎。江戸時代から続く日本舞踊の宗家(中心となる家)藤間流家元で、歌舞伎の振付師の家系でもある。そのため、初音ミクと歌舞伎のコラボや、歌舞伎とオペラが融合した市川海老蔵出演『源氏物語』の演出など、数々の新作歌舞伎も手掛け注目されている。今回はそんな藤間勘十郎の舞踊を特別に公開。体の動かし方ひとつで美を生み出す、日本の伝統芸能に触れてみて。

舞台の演出、脚本、作曲、演奏までこなす、天才舞踊家の美しき舞にうっとり





藤間勘十郎 素踊りの会「鏡獅子」より

約400年の歴史がある“日本舞踊”は、歌舞伎の舞踊をはじめとする舞台で表現される舞踊のことで、古代から現代に至る日本の芸能の集大成とも言われている。今回は、日本舞踊の中でも、衣裳や道具などを使わずに、体の動かし方ひとつで役柄を表現する“素踊り”の代表的な演目「鏡獅子」を披露。手の開き方ひとつとってもその役柄が伝わるという、手や足の指先まで意識した芸で、日本ならではの美を改めて感じてみては?

【「鏡獅子」あらすじ】
新年を迎えた江戸城大奥で行われる「お鏡曳き」の日。小姓の弥生は将軍の御前で踊りを披露することになる。はじめは恥ずかしがる弥生(やよい)だったが、2枚扇の踊りを優美に踊って見せると、傍らに飾った獅子頭を取り上げる。舞ううちに獅子の精の魂が乗り移り、獅子頭が弥生の意思と関係なく動き始め…。





藤間勘十郎 素踊りの会「鏡獅子」より

藤間 勘十郎(ふじま かんじゅうろう)

1980年生まれ。日本舞踊宗家藤間流家元、歌舞伎舞踊振付師。
(日本舞踊には約200もの流派があり、その中で5大流派と呼ばれているのが、花柳流、藤間流、若柳流、西川流、坂東流である。)
たくさんの振付作品を残した人間国宝の6世藤間勘十郎を祖父に、現在も活躍中の歌舞伎舞踊振付師3世藤間勘祖(かんそ)を母に持つ。3歳で藤間凌を名乗り初舞台に立つ。22歳で8世勘十郎を襲名。2007年、フランス・オペラ座の歌舞伎公演に振付師として参加。2016年のニコニコ超歌舞伎では、中村獅童とボーカロイド・初音ミクとの競演『今昔饗宴千本桜』の演出を手掛けるなど幅広い活躍を見せる。「宗家藤間流藤間勘十郎 公式HP」



提供元

OZmall(オズモール)
OZmall
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。
会員数300万人の女性向けWEBメディア。OZmall [オズモール] は東京&首都圏の女性に向けた情報誌 OZmagazine [オズマガジン] のWEB版です。「心ときめく“おでかけ体験”を一緒に」をテーマに、東京の感度の高い女性に向けた最新トレンド情報を紹介しています。

ピックアップ

毎日10:00更新!スキマ時間に、ためになる雑学クイズをチェック
保険はいつ、どのように見直せばいい?ポイントや注意点をFPがわかりやすく解説
【小学生の男の子におすすめギフト】アクティブに遊べる!実用性も兼ね備えたadidasの人気サンダル【誕生日プレゼント特集】
高級和栗のモンブラン専門店「栗歩 -KURIHO-」が自由が丘にオープン!目の前で仕上げる劇場型パフォーマンスも