メディア個別 新バットウーマン、ジャヴィシア・レスリーに決定 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

新バットウーマン、ジャヴィシア・レスリーに決定

第1557回 海外スターの最新ニュース

米ドラマ『バットウーマン』で、降板したルビー・ローズ(34)に代わってジャヴィシア・レスリー(33)が主演を務めることが発表された。黒人女優がバットウーマンを演じるのは、テレビ上初となる。

米CW局による同番組でライアン・ワイルダーという新しいキャラクターを演じることになったジャヴィシアは声明の中でこう話している。「私は、テレビ上でアイコニックなバットウーマン役を演じる初の黒人女優であることを非常に誇りに思っています。バイセクシャルの女性として、LGBTQコミュニティにとって草分け的存在であるこの革新的な番組に参加できて光栄です」

同番組は5月、主演のルビーがバットウーマンことケイト・ケイン役から降板すると突然発表したことで混乱に陥っていた。ショーランナーのキャロライン・ドライズは当時、ケイト役に別の女優を配役する予定はなく、ケイトの失踪は「シーズン2のミステリーのひとつ」となるだろうと話していた。

ローズの降板を受けてワーナー・ブラザースは、「愛嬌があり、だらしなく、少し間抜けでワイルドな女性」と表現された新バットウーマン役を演じる女優を募集していた。

一方ローズは、今回のジャヴィシアの抜擢をインスタグラム上で祝福、本人の写真を投稿し「凄い!素晴らしい黒人女性がバットウーマンを演じることになってとても嬉しい。バット・ケープを引き継ぐことなったジャヴィシア・レスリーにお祝いの言葉を贈りたい。あなたは素晴らしいキャストとスタッフに迎えられるわ。シーズン2を観るのが待ちきれない。あなたは素晴らしい仕事を見せてくれるでしょう!」と綴っている。

同番組は、CW局で来年1月に放送再開される予定だ。

ピックアップ

【期間限定!】漢字クイズに正解するとdポイント5ptがもらえる!
アントニオ・バンデラス、新型コロナウイルスに感染
クリストファー・ノーラン、『TENET テネット』の編集に苦戦?
シャイア・ラブーフ、リブート版『X-Men』でアイスマン役へ?