メディア個別 初のデビュー!子のお宮参りの注意点 | 訪問先別に指南!おしゃれ&常識のコーデ術 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
訪問先別に指南!おしゃれ&常識のコーデ術 

初のデビュー!子のお宮参りの注意点
~訪問先別に指南!おしゃれ&常識のコーデ術~

育児中でも女性らしく美しく、良識のあるママでありたいものですよね。しかし、周囲の目やしきたりなど、気にすべきポイントは多く、ちょうど良い温度感のメイクやファッションってなかなか難しいもの。今回は神様の祝福を受けつつ、お子さんが無事に生まれてきた感謝と健やかな成長を願う「お宮参り」について、ほどよいママのコーデアレンジを美容家の私田中愛が考えてみました。

お祝い行事らしい明るくフォーマルな洋服で

無事に生後1カ月を迎えたことを神様に報告するお宮参り。神様にご報告に出向くのですから、服装はやはりフォーマルなものがベスト。しかし生後1カ月といえば、授乳期真っ盛り! ですから、授乳や吐き戻しのことを考えた服装を選ぶ必要があります。最近はおしゃれなママにうれしい、フォーマルな授乳服も手に入りますので、探してみてくださいね。おすすめは明るい色のもの。参列者の多くが黒っぽい色になると思いますので、お祝いの場を明るくするためにも、明るいカラーがおすすめです。

こだわりの下地テクでナチュラルメイク!

お宮参り時のへアスタイルは、授乳などのことを考慮しまとめるのがおすすめです。また、メイクは、神様や参列くださる方々に失礼がないよう、濃すぎないナチュラルメイクがおすすめ。そしてメイクはポイントがひとつ。できるだけマットなテクスチャの下地を、皮脂の分泌が多いお顔の三角ゾーンに使うことです。そうすれば、お化粧直しの時間がとれなくても、崩れにくくテカリにくくなります。動画で紹介していますので、ぜひチェックしてくださいね。
こだわりの下地テクでナチュラルメイク!

記念撮影時に顔映えするコーデ&メイクで

お宮参りでは、お子さんと一緒に記念撮影をするのが通例です。実は、先に紹介してきた項目は、ママとしての常識を踏まえながらも写真映えするものばかり。明るい色の洋服でお顔が明るくきれいに映り、マットなテクスチャの下地でテカリがちなゾーンをきっちり抑えます。後は、撮影前にお顔の表情をイキイキとさせるお顔エクササイズをすればばっちりです。エクササイズのやり方は動画で紹介しています。簡単ですのでぜひ覚えてくださいね。
お子さんが大きくなって記念写真をみたときに「ママきれい」といってくれたら、本当にうれしいですよね! そのことを考えると、きれいな女性であることも、ママとしてのたしなみのひとつなのかもしれません。
(田中愛)
※田中愛の顔筋体操は税込価格。
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP