メディア個別 ワーママたちが語る!在宅ワークのタイムテーブルってどんな? | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ワーママたちが語る!在宅ワークのタイムテーブルってどんな?
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

接客業や飲食業であれば、会社へ出社して仕事をしなければなりませんが、例えば筆者のようなライター業は、パソコンとネット環境が整っていれば自宅で仕事をすることもできます。でも、在宅ワークになると、なかなかほかの人たちがどんなタイムテーブルで働いているのかは、わからないものですよね。

家事・育児と仕事、どうやってすべてをこなす?

働くママたちが集うワーキングマザー向けのコミュニティアプリ『ままのわ』で、在宅ワークをしているママが「どんなふうに時間を使えばいいか悩んでしまう。みんなはどうしているの?」と質問を投げかけています。

ママの場合は、仕事以外にも食事を作ったり、洗濯・掃除をしたり、子どもの送迎など…さまざまなことがあるから、どうすれば効率よく1日を過ごせるかは重要な問題です。
ワーママたちが語る!在宅ワークのタイムテーブルってどんな?
 

家事は子どもがいる時間、仕事は子どもがいない時間

寄せられているコメントを見ると、投稿主と同じく在宅ワークをしているママたちから、具体的なタイムテーブルが書き込まれており、ある共通点を発見できました。それは、子どもがいるときに家事をして、子どもがいない(寝ている)ときに仕事をするということ。例えばある女性の場合は…。

1)5時30分に起床して化粧と朝食作り
2)6時に子どもを起こし、洗濯機をまわす
3)子どもの食事、登校準備、食器片づけ、洗濯物を干す
4)7時40分に子どもの登校とあわせてウォーキングへ
5)8時30分に帰宅
6)9時~15時まで仕事

といったタイムテーブルです。また、他にも多かった声は、子どもが寝たあとの20~24時まで仕事をする方法。さらに、仕事量が多く、それらの時間だけでは処理しきれない場合は、休日に夫に協力してもらい、子どもを連れだしてもらって、自分は家で仕事に専念しているそうです。

前述のように、在宅ワークの場合は、自分で計画を立てて仕事に取り組む必要があります。もっとも大切なことは、生活と仕事のメリハリをしっかりつけて、頭を切り替えながら働くことかもしれません。
はじめてのハートキャンペーン
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP