メディア個別 肌着は着せたほうがいいの?汗の対策は?赤ちゃんの夏の服装について | ベビーカレンダー | ママテナ
肌着は着せたほうがいいの?汗の対策は?赤ちゃんの夏の服装について

肌着は着せたほうがいいの?汗の対策は?赤ちゃんの夏の服装について

【専門家監修・執筆】この記事では、助産師・国際ラクテーションコンサルタントの榎本さんが夏の赤ちゃんの服装についてお話ししています。お家での服装、外出のときの服装、夏におすすめの素材などをまとめて解説!

こんにちは。助産師・国際ラクテーションコンサルタントの榎本です。汗っかきの赤ちゃんの夏の洋服はどのようなものがいいのか悩むママもいると思います。今回は、夏の暑い時期に悩む赤ちゃんの服装についてお話しします。

夏にお家で過ごすときの服装は?

生後3カ月ごろまでは動きも少なく寝て過ごすことが多く、おむつ交換の回数も多いので、脱ぎ着しやすい服装がおすすめです。目安は大人の服装プラス1枚です。


【例】

短肌着とコンビ肌着

短肌着と長肌着

短肌着とロンパース


頭や背中に汗をかきやすいので、タオルを敷いて適宜交換します。


生後4カ月以降は動きが多いので、足元がスナップボタンなどでとまるものを選び、動いてはだけないようにします。活動量が増え、新陳代謝も良いので、目安は大人と同じか1枚少ない服装です。


【例】
コンビ肌着1枚

ボディ肌着1枚

ロンパース1枚


ハイハイする時期はひざが痛くなりやすいので、膝丈ぐらいまでのロンパースや薄手のレッグウォーマーを合わせても良いかもしれません。

夏のお出かけの服装は?

ロンパースやベビードレス1枚だと汗の吸収などが十分できないので、服の下には肌着を着せるようにしましょう。夏のお出かけは、薄手のメッシュの肌着が大活躍します。女の子はノースリーブの洋服や襟ぐりや脇の開きが大きい洋服も多く、キャミソールタイプの肌着だと重ね着しても見えないので便利です。


脱ぎ着しやすいものを選び、屋外や冷房がついた室内など、温度の変化に合わせて対応できるようにしましょう。カーディガン、ケープ、薄手のレッグウォーマー、ガーゼタイプのおくるみがあると便利です。紫外線対策として、できるだけ肌の長時間の露出を防ぐためにも役立ちます。

関連記事:

ピックアップ

「えっ、持ってきたの!?」健気な姿がかわいい!今しかできない娘とのコミュニケーション
入院生活もいよいよ終盤!点滴を付けたままの移動に神経をすり減らすママ
「お母さん、ちゃんと頑張らなきゃ」必死だった私にかけた医師の言葉に涙 #娘と心疾患のお話 3
【ダイソー】ベビーフォトや誕生日にも!新作ミッフィーが大人気でストック買い続出中!