メディア個別 編むブームが再来! 大人気の“ファンルーム” | 最新流行ピックアップ!! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
最新流行ピックアップ!! 

編むブームが再来! 大人気の“ファンルーム”
~最新流行ピックアップ!!~

2014年もさまざまな流行が生まれ、多くの人がそのブームにハマり楽しみましたね。大旋風を巻き起こした『アナと雪の女王』に『妖怪ウォッチ』……親子で熱狂した家庭も多いのではないでしょうか?でも、ブームはそれだけじゃありません!  そこで、まだまだブーム冷めやらない“子どもがハマる!”“ママがハマる!”最新流行をピックアップして紹介します! 

世界中で大ブームの『ファンルーム』

世代とともに、これまでも“編むブーム”がありました。リリアン、ミサンガ…ママたちの中には夢中になって作ったことを思い出し、“懐かしい~”と思った人も多いかもしれません。実は今、現代版の“編むおもちゃ”が子どもたちの間で大人気なんです!
それが、新感覚メイキングホビー“ファンルーム”。今年の4月に発売され、わずか2ケ月弱で年間目標の2万個を達成するほどの好調な売れ行きだというから驚き!実は、日本上陸前から全米で300万個以上も売り上げたことで話題になっていたというヒット商品なんです。
ファンルームセットの画像
 

『ファンルーム』とは?

『ファンルーム』は、突起がたくさんついた板(本体)にシリコンバンドを順番にかけていって、それを付属のフックで編んでいくことで、ブレスレットや指輪、ヘアバンド、チャームなど、様々なアクセサリーを作ることができます。基本の編み方を覚えれば誰でも簡単に編むことができ、簡単なものなら10分くらいで完成してしまいます。しかも、極めようと思えば、遊び方やクオリティは無限大!さらに、シリコン製なので水に強いうえに、普通の輪ゴムと違って劣化しにくく、髪の毛にも絡まないのも人気の秘密だそう。では、どんなふうに作っていくのか写真で手順を紹介します!

作り方の手順①

自分の好みの色のシリコンバンドを選び、本体の板の突起に順番にかけていきます。
シリコンバンドを本体にかける画像
 

作り方の手順②

付属のフックでシリコンバンドを順番に編んでいきます。
フックで編んでる画像
 

作り方の手順③

本体からシリコンバンドをはずしてクリップで留めたら、出来上がり!
※下の写真は、作品の一例です。
作品例のブレスレット画像
 

アイディア次第でデザイン&使い方いろいろ!

編み方や、シリコンバンドの種類、カラーアレンジ次第で、下の写真のようにいろいろなモノが作れちゃいます。カラーヴァリエーションもスタンダードな色からパステル、ダーク、ネオンカラーなどとにかく豊富で、たくさん作っておけば、その日の服装に合わせたコーディネートも楽しめます。中には暗闇で光る蓄光タイプのバンドもあり、夜のお出掛けにしていけば、キレイに光を放って注目されること間違いなし!また、世界中の『ファンルーム』ファンが“我こそは!”と渾身のファンルーム作品の動画をyoutubeにアップしていて、そのアイディアとクオリティの高さは目を見張ります!ファンルームは、作って身に付けて楽しいだけでなく、創造力、色彩感覚、手先の器用さ、集中力、達成感など、さまざまな能力も育んでくれる知育効果もあると話題の商品なんです。
いろんな作品の画像
 

人気は女の子だけにとどまらない!

ファンルームは女の子たちのおもちゃと思われがちですが、実は男の子たちや大人の間でも人気が広がっています。自分の好きな色で編んでミサンガ風に身に付けたり、中でも、スポーツチームの応援グッズとして楽しむ人が急増してるとか。自分の大好きなチームのチームカラーで編めば、自分だけのオリジナル応援グッズも作れちゃいます。サッカーワールドカップのときには、国旗カラーのファンルームが話題になったそう。下の写真のように、基本のブレスレットならサッカー日本代表カラーや国旗カラーもすぐに作れちゃいます!ぜひ、あなたのオリジナル応援グッズを作ってみては?
日本代表&国旗カラーのブレスレット画像
 

※商品は全て税抜価格となっております。

構成・文/横田裕美子

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP