メディア個別 子役出身で一番成功した芸能人ランキング | gooランキング | ママテナ
子役出身で一番成功した芸能人ランキング

子役出身で一番成功した芸能人ランキング

芸能界には子役からキャリアをスタートし、現在も第一線で活躍を続ける芸能人が多く存在します。子どもの頃から知っている芸能人は、知り合いのような親しみを感じてしまう人も少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、子役出身で一番成功したと思う芸能人について探ってみました。

1位 神木隆之介
2位 安達祐実
3位 長澤まさみ
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は「神木隆之介」!


わずか2歳で芸歴をスタートさせた神木隆之介。1999年に『グッドニュース』(TBS系)でドラマデビュー、2005年に公開された初主演映画『妖怪大戦争』では日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、人気子役として活躍しました。かわいらしい子役のイメージから一転、『SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』(TBS系)では超能力を持つミステリアスな役を、『桐島、部活やめるってよ』では地味な男子高校生役を熱演するなど、さまざまな役柄に挑戦し演技の幅を広げてきました。27歳になった現在も少年時代の透明感や繊細さはそのままに、より幅広い役柄を演じ分ける実力派俳優として成長を続けています。

2位は「安達祐実」!


幼い頃から子役として活躍を続けてきた安達祐実。1994年に放送されたテレビドラマ『家なき子』(日本テレビ系)で主演を務め大ブレイク。作中のせりふ「同情するならカネをくれ」は、同年の新語・流行語大賞の年間大賞にも選ばれました。『ルパン三世 くたばれ!ノストラダムス』や『機関車先生』では声優にも挑戦し、女優として着実にステップアップしてきました。2014年に公開された主演映画『花宵道中』では初の花魁役を演じ、その妖艶さやしっとりとした色気が話題に。38歳になった現在もかわいらしい雰囲気はそのままに大人の魅力が加わり「奇跡のアラフォー」と称され、たびたび話題になっています。

関連記事:

ピックアップ

最高に「ひげ」が似合う芸能人ランキング
人生を変えたガンダム作品ランキング
女優として大成した元アイドルランキング
目ヂカラが強いジャンプの主人公キャラランキング