メディア個別 『スター・ウォーズ』新アニメシリーズ、Disney+で来年配信へ | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

『スター・ウォーズ』新アニメシリーズ、Disney+で来年配信へ

第1575回 海外スターの最新ニュース

『スター・ウォーズ:ザ・バッド・バッチ』がDisney+で配信されることが決まった。ルーカスフィルムが贈る不良分隊(ザ・バッド・バッチ)を描いた同新作アニメシリーズの来年配信開始が発表された。

『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』で最初に登場した同エリート分隊は、通常のクローン兵士とは遺伝子的に異なる。

Disney+のコンテンツ部門のアグネス・チュー氏は、こう話している。「Disney+で、新たなファンと既存ファンに『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』の最終章をお届けすることは名誉であり、この画期的なシリーズに対する世界からの反応を大変嬉しく思っています。『クローン・ウォーズ』は終わりを迎えるものの、弊社とルーカスフィルム・アニメーションの革新的なストーリーテラーやアーティストとのパートナーシップは始まったばかりです。私達は、不良分隊の新たな冒険を通してデイヴ・フィローニのヴィジョンに命を吹き込むことをとても楽しみにしています」

製作総指揮には、『マンダロリアン』『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』を手掛けたフィローニのほか、アシーナ・ポルティーヨ(『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』『スターウォーズ レジスタンス』)、ブラッド・ラウ(『スター・ウォーズ レジスタンス』『スター・ウォーズ 反乱者たち』)、ジェニファー・コーベット(『スター・ウォーズ 反乱者たち』『NCIS~ネイビー犯罪捜査班~』 )らが名を連ねており、ラウは監修、コーベットは脚本も兼任する。

ピックアップ

毎日10:00更新!スキマ時間に、ためになる雑学クイズをチェック
ベン・アフレック、『007』最新作プレミア上映会への出席辞退を求められる!?
『ミッドナイト・エクスプレス』のアラン・パーカー監督が死去
アンドリュー・ロイド・ウェバー 、映画版『キャッツ』に憤慨