メディア個別 セーフティゲートを壁に突っ張れない!そんなときのお助けアイテム | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

セーフティゲートを壁に突っ張れない!そんなときのお助けアイテム

第1426回 ベビーカレンダー
キッチンや触られたくない場所から赤ちゃんを遠ざけるために便利なセーフティゲート。しかし、その大部分は両端の壁に突っ張って固定する仕組みのもので、わが家では設置できませんでした。そこで、わが家では日本育児の「おくだけとおせんぼ」を活用しています。

わが子が生後8カ月でつかまり立ちができるようになると、一気に手の届く範囲が増え、ダイニングやキッチンでのいたずらが心配になりました。わが子の安全を守るためにも、キッチンや触られたくない場所から遠ざけるために、セーフティゲートの購入を考えました。ただ、わが家の場合はある理由で一般的なセーフティゲートは設置できなかったのです。

わが子からキッチンを守れ!


子どものセーフティグッズは数多く販売されていますが、なかでもさまざまな種類があるのが「セーフティゲート」です。便利なセーフティゲートの大部分は両端の壁に突っ張って固定する仕組みのもので、固定したい場所にスライドドアがあるわが家では設置できませんでした。わが家でも設置できるゲートはないだろうかと探しまわりました。

置くだけでOK!「おくだけとおせんぼ」

そんなときに私が出会ったのが、日本育児の「おくだけとおせんぼ」です。前後にスタンドフレームが付いていて、置くだけできちんと自立してくれる点と、間口に合わせて伸縮できる点が魅力でした。また、色味も落ち着いているので、部屋の雰囲気に馴染むところもよかったです。キッチンだけなら短いサイズでもよかったのですが、「大は小を兼ねる」と思い、いちばん長いサイズを注文しました。

キッチンではなく部屋を仕切って広々空間

長いサイズを注文した結果、キッチンではなく、部屋の入口をそのままふさぐことができたので、ベビーサークルよりも広々とした子ども用空間をつくることができました。


子どもが動かそうとすると、自分自身がフレームを踏むので重しになって動かすことができません。しかし、大人はかんたんにたたんだり動かしたりできるので、来客時などは気軽に取り外せる点も便利です。また、メッシュ素材なので子どもの視界を遮らないことも、子どもの安心感につながっているようです。


現在、わが子は1歳2カ月になり、ゲートの端を押してこじ開けるようになりました。端部分だとゲートのフレームを踏まずに押せるので、自分自身が重しになりません。クッションなどをフレームの端に置き、子どもが近寄らないように対応していますよ。(TEXT:ママライター 石川ゆかり)

配信元

ベビーカレンダー ロゴ
ベビーカレンダー
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

あなたにおすすめ

ピックアップ